« レミー・ボンヤスキー V2 | トップページ | いま、会いにゆきます »

2004.12.05

チョコレート

photo021.gif

チョコレート

ハル・ベリーが黒人として史上初めてアカデミー主演女優賞を受賞した作品。
原題は"Monster's Ball" なんとなく伝わるものはかんじるけれど、その意味するところはよくわかりません。チョコレートが何を意味しているかは見ればわかりますが。
一言で言えば、運命の皮肉モノです。家族、隣人を中心に展開するテーマを、American Beauty がコメディータッチで描いていたのに対し、こちらは淡々と、というよりもどちらかというと、重苦しく進めていきます。

ハル・ベリー:007とは180度違った役どころ。エンドロールが出るまで彼女と判らなかった。
ビリー・ボブ・ソートン
監督 マーク・フォスター:'70生まれ。撮影のスタート時はまだ20代だったのかも。
2001

|

« レミー・ボンヤスキー V2 | トップページ | いま、会いにゆきます »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/2158199

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレート:

« レミー・ボンヤスキー V2 | トップページ | いま、会いにゆきます »