« 終戦のローレライ Ⅰ | トップページ | 公会計 国家の意思決定とガバナンス »

2005.01.29

ユリョン

b00005mmf0.09.MZZZZZZZ[1]
ユリョン

韓国版「レッドオクトーバー」あるいは「沈黙の艦隊」。「ローレライ」にちなんで見ました。
パクリ云々は置いといて、純粋にハラハラドキドキして引き込まれていきます。
国民感情としてはJMSDFの潜水艦が撃沈されたり日本の主要都市が核攻撃の目標とされるのは、ぞっとするし反感も持ちますが、日本の小説や映画でも超大国や周辺国家を敵視してストーリーを展開させているのですからあまり人のことは言えないでしょう。

見るかどうか迷っている人がいるなら、私はお奨めしておきます。

431 チョン・ウソン
202 チェ・ミンス
監督 ミン・ビョンチョン
1999 韓国

|

« 終戦のローレライ Ⅰ | トップページ | 公会計 国家の意思決定とガバナンス »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/2736285

この記事へのトラックバック一覧です: ユリョン:

» 何だかワクワクする潜水艦モノ [骨董と偶像]
潜水艦モノって、熱くてせまっ苦しそうな艦内の「息苦しさ」がたまらない。 松本零士の戦場漫画シリーズの中に「オーロラの牙」ってのがあるけど、Uボートと新造戦艦の... [続きを読む]

受信: 2005.01.30 09:29

« 終戦のローレライ Ⅰ | トップページ | 公会計 国家の意思決定とガバナンス »