« 今月のマスモデ付録  | トップページ | ラッキーをつかみ取る技術 »

2005.03.01

終戦のローレライ Ⅳ

bunko_041
終戦のローレライ Ⅳ 福井晴敏 講談社文庫 \730
ようやく読み終わりました。4巻目は徹底したアクション。まともに考えれば、ありえないような快刀乱麻の大活劇ですが、実に心地よいカタルシスとなりました。でも、海自の潜水艦が韓国海軍のに撃沈されるシーンをユリョンで見たときは、とてもムナクソ悪かったことを思えば、アメリカ人がこの4巻目を読んだら、というより最後までよう読まんかもしれん、とも感じた。

  名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実ひとつ・・・  この唄が重大なメタファーであったことがわかって、思わず頷いたり。

一転して、終章。人によっては、この章は不要だとか蛇足と感じるかもしれないけれども、若い世代のためには、絶対必要な存在だと感じる。あの戦争があって、敗戦があって、今日がある、今の日本、私たちがある、ということをはっきりと示してくれている。これくらい、はっきり書かないと10代、20代には伝わらないと思う。歴史はこうして伝えていくものなのだとも思った。作者の福井さんが、戦争「抑止論」に踏み込んだ、と表している一端がこの50ページにも及ぶ終章に垣間見えた。映画では、どのように表現するのだろう。この辺りのために役どころとしての「作家」(上川隆也?)が登場するのだろうか。

とにもかくにも、とても意義「深い」小説でした。

|

« 今月のマスモデ付録  | トップページ | ラッキーをつかみ取る技術 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/3121954

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦のローレライ Ⅳ:

» 『終戦のローレライ』(福井晴敏) [無印教師のひとりごと]
1945年夏。敗け方を知らなかった日本。戦争。もはや原因も定かではなく、誰ひとり [続きを読む]

受信: 2005.03.04 14:18

» ローレライ関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
福井晴敏原作、樋口真嗣監督の映画ローレライに関連するトラックバック ローレライ(ろーれらい) 2005年3月5日東宝邦画系劇場公開 監督:樋口... [続きを読む]

受信: 2005.03.07 19:29

« 今月のマスモデ付録  | トップページ | ラッキーをつかみ取る技術 »