« 月に繭 地には果実 (上) | トップページ | ちょっとショック、ブルーマーズってまだだったのか。 »

2005.03.06

映画 ローレライ

3月6日朝、一般公開2日目にしてワーナーマイカル明石に見に行ってきました。一番大きなスクリーンの部屋でしたが、ガラガラって言ってよいような入りでした。大々的に広告のキャンペーンをしたスチームボーイも同じような入りだったことを思い出した。カップルもそれなりにいたけれど、パウラを持ち出しても潜水艦は女性には敷居が高いのか。一方、軍隊経験はなかろうが、戦中派と思しき方々がちらほら見られた。

ネタバレになることは書きませんが、原作には出てきたものの映画ではカットされた配役と思っていたフリッツと土谷が一応は出てきた。あくまで一応ですが。そのほかにも、配役の位置づけが変えられているケースが多く、シーン丸ごとカットされた箇所も相当あります。出てくる艦船、航空機も限定されているし。ただし、終章に当たる部分もきちんと用意されていました。上川隆也演じる「男」という役の正体も「時計」が暗示してくれます。
メイキングのTV番組で福井さんが語っていたとおり、小説が全体とすれば、映画は局部となる関係であると理解するしかないんでしょう。この関係は、「月に繭・・・」とアニメの関係にもそのまま当てはまるようですが。

ちょっとケチをつけたような形になりましたが、涙腺が緩んだことははっきり告白しておきましょう。

|

« 月に繭 地には果実 (上) | トップページ | ちょっとショック、ブルーマーズってまだだったのか。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私はボロボロに泣いてしまいました。
顔、腫れましたし。
土谷を演じた俳優さんが気になる今日この頃です。

投稿: chishi | 2005.03.12 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/3193450

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ローレライ:

» ローレライ [うぞきあ の場]
多分、この映画のブログを書く人は同じことを書くと思う。 でも、あえて書く。 作者の福井氏が唱えるように、“ガンダム”の影響を受けている。 そして、“宇宙戦艦ヤマ... [続きを読む]

受信: 2005.03.06 16:53

» 映画『ローレライ』貴方は何点? [本と映画と音楽と・・・お酒が好き]
この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか?そしてもし良かったら、どの俳優さんが特に気になったのかも教えていただけるとありがたいのですが・・・是非ご協力く... [続きを読む]

受信: 2005.03.11 00:30

» 「ローレライ」 [青木英美のニライカナイ]
第二次大戦末期の日本と海底を舞台に描いた数日間の物語。 『今、与えられた仕事をしろ。それが先に逝った者への報いだ』 『友や家族が殺されるのを黙って見過ごすことが... [続きを読む]

受信: 2005.03.13 23:43

» ローレライ 今年の174本目 [猫姫じゃ]
ローレライ   はまりますた。 この手の映画、大好きです。   この映画のこと、どんな映画なのか、全く知らずに見ました。 トレーラー、ちょっと見ただけ。 他の方のブログも、読んでいませんでした。   何で、この時期に、戦争映画??   そ... [続きを読む]

受信: 2005.08.27 19:31

« 月に繭 地には果実 (上) | トップページ | ちょっとショック、ブルーマーズってまだだったのか。 »