« ローレライ、浮上 | トップページ | 仕事のなかの曖昧な不安 »

2005.03.30

WTM第7弾(決算報告) 

wtm7_05wtm7_04

パンターが6台ほど溜まったところでシークレットが出ました。
オットー・カリウスの217号車でした。自著の「ティーガー戦車隊」が有名ですが、マリナーファ村の一本道17台撃破は痛快。しかもT34/85やJS2といった強敵ばかり。以前、柴田和久さんがティーガー薬局を訪れ、217号車の模型(タミヤ)を贈呈された記事をタミヤニュースで拝見したような気がします。
たしかヴィットマンの007も以前のシークレットだったと思いますが。
今回のシークレット、一見、地味に見えますが「ツィメリット・コーティング」が施されてます。1/144やで・・・

ナスホルンもすごいぞ。

このほか、T34/76もあるのですが写真撮りそこね。ひとまず金型ベースで一揃いコンプ。ここらで休憩。

|

« ローレライ、浮上 | トップページ | 仕事のなかの曖昧な不安 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WTM第7弾(決算報告) :

« ローレライ、浮上 | トップページ | 仕事のなかの曖昧な不安 »