« 「愛国無罪」と「造反有理」 | トップページ | Q&A 行政評価の導入と実践 »

2005.04.21

ハウルの動く城〈2〉

4198607516 アブダラと空飛ぶ絨毯―ハウルの動く城〈2〉  
ダイアナ・ウィン ジョーンズ (著), Diana Wynne Jones (原著), 西村 醇子(訳) 徳間書店 ¥1,680

掟破りのキャスティングです。主人公はアブダラ。ディズニー・アニメの「アラジン」で言えばアラジン役。ジャスミンは<夜咲花>。人の名前か、これは。魔法のランプならぬ小瓶からジニーも出てくるんですが、じつはコイツが・・・。

ハウルの動く城(2)というからには、ハウルもソフィーもサリマン、レティーもおまけにカルシファーも出てきますが。終幕では、「おいおい、そんなんありかよ。」状態の大どんでん返しです。ちょっとネタバレすると、ハウルが動く城をかっぱらわれて、ソフィーはバアサンどころかモーガン(ハウルとソフィーの息子)もろともクロネコにされてしまい、ハウルは行方知らず。・・・乱暴に言えば、「アラジン」と「ハウルの動く城」をごっちゃにして、子供の妄想で弄んだらこんなんなりました、って感じです。これは児童文学と言ってよいのか?とは、感じますがめちゃくちゃ楽しめます。一種のハチャメチャSFですね。



|

« 「愛国無罪」と「造反有理」 | トップページ | Q&A 行政評価の導入と実践 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/3789707

この記事へのトラックバック一覧です: ハウルの動く城〈2〉:

« 「愛国無罪」と「造反有理」 | トップページ | Q&A 行政評価の導入と実践 »