« MMM #17 | トップページ | 過密ダイヤですが、さっさと乗って定時運行にご協力ください。 »

2005.04.24

人狼 JIN-ROH

b00005v1d6 人狼 JIN-ROH

自衛隊、自治体警察に次ぐ第三の治安部隊としての首都警。その前衛たる精鋭の「特機隊」が非合法組織と対決する昭和30年代が舞台です。ミリタリー、アクションシーンはもとより、中途半端な位置づけがネックになり、組織としての生き残りのために謀略を尽くす警察組織としてのストーリーでした。現在の公安が、組織生き残りの理屈づけのためにちょっと右寄り、左寄りの一般市民を右翼、左翼の協力者に無理やり仕立て上げるのに少しばかり通じるものを感じた。

史実では高度経済成長下で明るいはずの世相を、実に重苦しい映像として作り上げていますが、昭和30年代の空気感はとても魅力的。「ゲートキーパー」が万博前年の昭和44年(1969)を舞台にしていたと記憶していますが、それより10年くらい前、いずれにせよノスタルジーを感じさせてくれるいい感じです。一方、車両、装備などはドイツのものが多く出てきます。VWやキューベル、MGとか。

監督 押井守  バンダイビジュアル 1999

|

« MMM #17 | トップページ | 過密ダイヤですが、さっさと乗って定時運行にご協力ください。 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/3840129

この記事へのトラックバック一覧です: 人狼 JIN-ROH:

« MMM #17 | トップページ | 過密ダイヤですが、さっさと乗って定時運行にご協力ください。 »