« タミヤ 48 キューベルワーゲン | トップページ | 「愛国無罪」と「造反有理」 »

2005.04.20

戦艦大和復元プロジェクト

4047041971 戦艦大和復元プロジェクト 戸高一成  角川ONEテーマ21 ¥760

呉市海事歴史科学館(通称大和ミュージアム)の目玉として製作された1/10の完全版大和の製作記録です。もはやこれは模型ではなく、ちょっとした艦船です。全長263mの戦艦の1/10といえば小数点を一つずらすだけ。同じような大きさの海自のフネより肌理(この漢字、高校時代の現国のテストで読み仮名が振れなかったのがいまだにトラウマ。)細かい船体表面らしい。

この本を読んで感動してたら、尾道に実物大の大和の映画撮影用のセットが組まれているらしい。263m中、中央部の約190m部分が再現されている模様。ソリマチとかが出演する「男たちの大和/YAMATO」。吉田満の「戦艦大和ノ最期」が原作らしいけど、後ろのローマ字は不要でしょう。「ローレライ」、「亡国のイージス」、「戦国自衛隊1549」と今年はたまりまへんなぁ。

「男たちの大和/YAMATO」は全ての日本国民と中国人民に見て欲しい。特に後者は是非見るべきである。日本政府は「謝罪と賠償」を求めると同時に、この映画の版権を税金で買い取って、ノンスクランブルの衛星放送で中国向けに24時間365日放映するべきです。(ってまだ見てないんですが。)

今から35年前、「トラ!トラ!トラ!」の撮影のため、戦艦長門の喫水上完全セットが九州の海岸に出現しましたが、あれは「アメリカ資本」だったわけで。おまけに長門は米軍に接収されて水爆実験の標的にされてしまった。とことん、コケにされてしまったワケでまさに国辱モノでした。

|

« タミヤ 48 キューベルワーゲン | トップページ | 「愛国無罪」と「造反有理」 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

じんきちさん こんばんは
実物大の大和が作られている事は最近までしらなくて【めざましテレビ】で知り興奮しました。内容は知りませんが早く見たい気持ちです。中国のネットで大和を再建して軍国主事の再来だーとやっているらしく憤慨しました。しかし中国人の精神年齢はわかめちゃんか?には大爆笑しました。(少し救われた)
【トラトラトラ】も割と好きなのですが長門が日本で再建されていたとは知りませんでした。(もちろんもう撤去されているのでしょうね)
長門が水爆実験の標的にされて沈んでしまったのは涙が出そうになります。何かの雑誌で長門は最後まで爆風に耐えていました。と(おそらく嘘なんでしょうけど・)書いてあったのが救いなんですが・・。ながながとすみませんでした。

投稿: きょうやん | 2005.04.21 21:51

ナショナリズムを煽るのは考えものでしょうが、最近の中国人民の振る舞いを見るにつけ、日本国民もちょっとは考えた方がいいですよね。
今年は日露戦争戦勝100周年と大東亜戦争敗戦60周年に当たるわけですから、その結論がどこに至るにせよ、日本人の一人一人が歴史について考えるよいきっかけになる1年だと思います。
ちなみに長門は爆心地近くであったにもかかわらず、2,3日は踏ん張ったと記憶しています。

投稿: じんきち | 2005.04.21 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/3774002

この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦大和復元プロジェクト:

« タミヤ 48 キューベルワーゲン | トップページ | 「愛国無罪」と「造反有理」 »