« バキ No.26 | トップページ | DEATHNOTE 2,3,4 »

2005.04.14

デスノート 1

4088736214 デスノート 1 原作/大場つぐみ 漫画/小畑健 ジャンプコミックス ¥410

えらい話題になってますね。実はワタシも持ってます。上海あたりではニセモノが小学生に飛ぶように売れているそうで。でも、ワタシのはホンモノです。偶然にも、今このブログを読んでるアンタの顔と名前も知ってるし・・・

       「デスノートの使い方」    (作品より引用)

  • このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。
  • 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない。ゆえに同姓同名の人物に一遍に効果は得られない。
  • 名前の後に人間界単位で40秒以内に死因を書くと、そのとおりになる。
  • 死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。
  • 死因を書くと更に6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。
  • このノートは人間界の地に着いた時点から人間界の物となる。
  • 所有者はノートの元の持ち主である死神の姿や声を認知することができる。
  • このノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない。
  • 死因に心臓麻痺と書いた後、40秒以内に死亡時刻を書けば、心臓麻痺であっても死の時間を操れ、その時刻は名前を書いてからの40秒以内でも可能である。
  • デスノートに触った人間には、そのノートの所有者でなくとも、元持ち主の死神の姿や声が認知できる。
  • デスノートを持っている限り、自分が死ぬまで元持ち主である死神が憑いてまわる。
  • 死神は通常、人間がノートを使った39日以内に使ったものの前に姿を現す。
  • デスノートの元持ち主である死神は、そのノートでの死の手伝いや妨げになる行為は基本的にはしない。
  • デスノートの使い方や、それを持つ人間に発生する掟を死神が全て説明する義務はない。                       ・・・・・・・・・(以下、略)

今月号の文藝春秋で、成毛真(インスパイア社長、元マイクロソフト日本法人社長)さんが「今月読んだ本リスト」に挙げてました。

|

« バキ No.26 | トップページ | DEATHNOTE 2,3,4 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/3692607

この記事へのトラックバック一覧です: デスノート 1:

« バキ No.26 | トップページ | DEATHNOTE 2,3,4 »