« 攻殻機動隊 1995 | トップページ | 市民のための地方自治入門 »

2005.05.09

持ち家派と賃借派

って言っても実は住まいのことではありません。職業形態に関するものです。

持ち家派とは、自営業あるいはオーナー経営者。住まい同様、大邸宅から狭小住宅まで規模は様々。

賃借派は、給与所得者。サラリーマン経営者、一般リーマン、OL、派遣、パート、アルバイト、フリーター・・・こちらも色々。

なんでこんなこと書いたかというと、「住まい」と「職業」には結構、共通点が多いことに気がついたからです。

  • 住まいも職業も「持ち家」は相続させることができるけど、賃借は一代限り。
  • 賃借は移るのも比較的容易だけど、持ち家は結構タイヘン。
  • 賃借を複数契約している人は少ないけれど、人によっては案外持ち家は複数派もいる。
  • 賃借は住まいも職業も「契約」に基づいている。
  • 賃借はリスクが大家次第だが、持ち家は自分次第。
  • すなわち、家が傷んだら賃借では大家に「なんとかして」と言えるけど、持ち家は「なんとかしないと」いけない。
  • 誰でも最初はどちらも賃借だけど、職種にもよりけりなれど20代後半から40代くらいで持ち家に移行する(人はする。)。

 ある晩、帰宅途中に気づいたときには次々と共通点が浮かんできたけれど、今思い出そうとしたら大して出てこなかった。日本人は住まいに関しては持ち家志向が強いのに、職業に関しては圧倒的に賃借派ばかり。少し矛盾している、というか人生設計においては完全なミスマッチ状態。

 かくいう私は少し変形した就労形態なので、賃借に近い定期借地権付大規模ニュータウン(ただし開発後数十年経過。って定借制度の歴史と矛盾。)在住ってとこでしょうか。周りは羽振りのいい持ち家派も多いけど。

 最近、「持ち家」と「賃借」で滑稽に感じたこと、「日経アントレ」とかの起業家(のタマゴ)向け雑誌の編集者って賃借人なんですよね。これじゃ、記事に説得力出ないですよね。

|

« 攻殻機動隊 1995 | トップページ | 市民のための地方自治入門 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/4046648

この記事へのトラックバック一覧です: 持ち家派と賃借派:

» サラリーマン [『サラリーマン』情報]
サラリーマンサラリーマンとは、給料で生計を立てている人である。和製英語であり、一般的には、公務員や団体職員などを含む言葉であるが、狭義には、会社に雇用されている会社員のみを指す場合もある。サラリーマンに属さない職業には、自営業や会社役員、議員などがあ... [続きを読む]

受信: 2005.05.13 20:14

« 攻殻機動隊 1995 | トップページ | 市民のための地方自治入門 »