« 渋谷ではたらく社長の告白 | トップページ | 超・学歴社会 »

2005.05.29

起業バカ

4334933564 起業バカ 渡辺仁 光文社ペーパーバックス ¥999

 出版社 / 著者からの内容紹介   (Amazonから引用)
成功するのは1500人に1人。
その1人になれると、あなたは本当にお考えか?


◆世の中そんな甘くない。起業の数ほどワナがある。
 脱サラやリストラで起業 start up したヒトは、年間約18万人。1年以内の起業を目指して準備中が約60~70万人、起業希望者は約130万人もいるという。これを後押し backing するように、小泉首相は資本金1円の「1円起業」や大学発ベンチャーの育成、中高年・女性向け起業融資、創業セミナーなどを打ち出し、「3年間で起業を年間36万件」のペースに引き上げるなどと宣言したが、その実態はどうなのだろうか? 私が推計したところでは、実際に起業で成功 become successful できたのは、1500人に1人であった。つまり、ほとんどが失敗している。そのわけは、この起業ブームにバカが踊らされているだけだからだ。第2のホリエモンになれるなんて、ただの夢物語just a dream にすぎないのだ。この現実を思い知らないと、あなたは即座に地獄行きになるだろう。実を言うと、私もその1人だった。
 だから、その後、私は起業現場を徹底して取材し、起業家 entrepreneur が必ずはまるワナ trap 、失敗する条件を探り続けた。本書は、その総まとめである。見込み違い/裏切り/貸し渋り/資金繰り地獄/身ぐるみ剥がされる個人保証/連鎖倒産/ベンチャー支援のワナ/バクリ屋の儲け話/フランチャイズ詐欺/大企業のベンチャー潰し/下請けの悲哀……など、起業家の前に立ちふさがるワナは無数にある。世の中は、そんなに甘くないのだ。
 
著者について
渡辺仁[わたなべ・じん]
1951年、長崎県生まれ。経済ジャーナリスト。東洋大学経済学部中退後、専門紙記者などを経てフリーライターとして独立。ビジネス誌、経営誌にベンチャー企業・ニュービジネスの動向を中心に幅広く取材執筆する。2002年4月、ベンチャー支援雑誌『Incubation』を創刊、編集長を務める。
でも、7号で資金が底を尽き、あえなく廃刊。その後、シロウト知識で不動産取引に手を染め、大やけど。ってことも本書で披瀝されてます。

 つまるところ、若さを失った40代や50代のサラリーマンが「起業」するなんて、1/1,500の成功者と1,499/1,500の悲惨な家庭を生むだけと極めて現実的なアドバイスをしてくれます。世の中、そんなに甘くない。起業という「夢」を喰らう「バク」だらけ。

|

« 渋谷ではたらく社長の告白 | トップページ | 超・学歴社会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/4318411

この記事へのトラックバック一覧です: 起業バカ:

« 渋谷ではたらく社長の告白 | トップページ | 超・学歴社会 »