« DEATH NOTE 7 | トップページ | 道路公団民営化を嗤う―これは改革ではなく成敗である »

2005.07.03

スターウォーズ4 New Hope

b0001x9bmy スターウォーズ エピソード4 新たなる希望

今、テレビ朝日系の「日曜洋画劇場」でエピソード4、やってます。

初めて予告編を見た際、本編を見た際にはあれほど衝撃的であったにもかかわらず、ほのぼのとしたもの(単なるノスタルジー?)を感じてしまう。オリジナル版ではなく、デジタル・リマスター版の特別編だけにレーザーなんか綺麗な感じがする。

エピソード3を見た後で、エピソード4を見るのが、これからの「正しい」SW鑑賞の仕方になるのかもしれない。そして、それを偶然にも地でいっているのですが、しっくりくるようなそうでないような。もっとも、しっくりくるようにエピソード3では最新の注意を払って工夫されているわけですが。

当初は、ジェダイ・マスターとジェダイ・ナイトって区別されていなかったのか?「ジェダイの騎士」って言い回しがよく出てくる。もっとも、アナキン、ベーダーは、ジェダイ・ナイトにはなったものの、ジェダイ・マスターになる前にフォースの暗黒面に落ちたわけか。また、「フォース」には「理力」って訳がついていたような気もする。・・・なんて、いろんなことが思い出されて楽しい。

|

« DEATH NOTE 7 | トップページ | 道路公団民営化を嗤う―これは改革ではなく成敗である »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/4815301

この記事へのトラックバック一覧です: スターウォーズ4 New Hope:

« DEATH NOTE 7 | トップページ | 道路公団民営化を嗤う―これは改革ではなく成敗である »