« ライオンブックス るんは風の中/山太郎かえる | トップページ | 妖怪大戦争 »

2005.07.31

亡国のイージス 映画

tra_thumb_051 亡国のイージス 映画

初日の昨日、1回目の上映に行ってきました。

結論から。「とても良かった。」

 スタッフのコダワリや想いの重さはひしひしと伝わってくるものの力みすぎて上滑りしてしまった感のある「ローレライ」、率直に言ってがっかりした「戦国自衛隊1549」。これぞ、三度目の正直(観る前には、二度あることは三度ある、って格言がちょっと脳裏をよぎったのですが。)。

 ネタバレになるので設定、ストーリーには敢えて踏み込みませんが、福井ワールドの重要なファクターである「心理描写、駆け引き」が巧みに組み込まれている印象を受けました。原作が長編だけにカットされた箇所も多いのですが、「ローレライ」や「1549」ほどの改変はなく、原作の尊重が好印象でした。ネタバレ覚悟で一点だけ触れるとすれば、原作で最も酸鼻を極めるシーン(原作をお読みになった方はすぐお分かりでしょう。エリート部隊の・・・)は上手に回避されていました。ホントはあのシーンがあってこそ、「日本人よ、これが戦争だ。」っていうセリフの生々しさが浮き彫りになると感じていたのですが。

このほか、TIPSを。

  • 北朝鮮が某国(亡国とはボウコクつながり。)になってました。バレバレですけどね。当初、「日和ったか。」とも感じましたが、北朝鮮のままでは自衛隊も全面協力できなかったでしょうね。もっとも、JMSDFの協力が得られなかった場合のバックアップに、タイ海軍とニュージーランド海軍にも打診していたらしい。タイ海軍って意外に強力なんですよね。空母持ってるし。
  • パンフレット¥1,000。台本つき。
  • 真田、中井、佐藤、寺尾、みなさん日本アカデミー賞の主演男優賞受賞者らしい。凄まじいキャスティング。特に寺尾聰は、これまで見たことのないような表情での演技。中井もミキプルーン・スマイルとは180度回転の冷徹な演技。

|

« ライオンブックス るんは風の中/山太郎かえる | トップページ | 妖怪大戦争 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

同意していただいて、ありがとうございます。
確かに、福井ワールドは奥が深いです。
脚本で文脈を読んでから、また観てみたいと思います。

投稿: うぞきあ | 2005.08.01 00:03

TBとコメントをありがとうございました!
自分も前売りをとっておいて(また観るつもりで)、レイトで観賞しました。厳しい評価もありますし、そうなるのも理解できます。それでも、自分は、この映画が気に入りました。原作を知っていても。

投稿: あかん隊 | 2005.08.01 01:19

原作良し、豪華キャスト、JSDF全面協力。これ以上、何を望むか。凄いですよね。
テクニカルな話になりますが、ハープーンに狙われた「うらかぜ」が、最終防衛手段としてなぜバルカンファランクスを使わなかったのか気になります。
搭載されていないのか、それともチャフを使ってしまうとバルカンファランクスは使えないのか。ネット上でピットロードのパッケージを眺める限り、白い探査装置カバーらしきものは見えるのですが。
原作ではどうなっていたか覚えていませんが、「あれれ」ってうちに撃沈されてしまったように感じました。

投稿: じんきち | 2005.08.01 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/5240878

この記事へのトラックバック一覧です: 亡国のイージス 映画:

» 亡国のイージス [うぞきあ の場]
昨日、初日に観て参りました。 福井作品の3作目ですが、 正直、“戦国自衛隊1549”がオワっていたわけだが、 まぁ、監督も違うことだし、“戦国〜”が最悪なのだから、これ以上は 悪くならんだろう等という気持ちで観た。 見所。 ・ なんといっても、本物を使用したところ。   海自・空自の前面協力は画期的!   映画用にF-2が飛んでくれるなんて・・・・・(ムフ)。 ・ 相良町のオ�... [続きを読む]

受信: 2005.07.31 22:17

» 亡国のイージス [cococo]
なかなか良かったと思います。原作とは別なお話のようになっていると思いました。ちゃ [続きを読む]

受信: 2005.07.31 23:26

» 亡国のイージス★★★☆☆ [なおのオススメ文芸。]
International Title:AEGIS 『国家に反旗をひるがえしたイージス艦副長・宮津二佐は、全ミサイルの照準を東京首都圏内にあわせる。国家への復讐に燃える宮津から艦を取り戻すために、先任伍長・仙石は、過酷な闘いに挑む。』 director ...阪本順治(新・仁義なき戦い...... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 02:06

» 亡国のイージス [Akira's VOICE]
迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。 [続きを読む]

受信: 2005.08.01 10:51

» 隔離された空間での戦争映画◆亡国のイージス [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
7月18日(月・祝)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて こういう系統の映画は得意ではないので、自分でお金を払っては絶対に観に行かないだろうなと思いつつ、何気なく試写会に応募してみたら当選したので観に来た。 しかも、今日は勝地涼くんの舞台挨拶つきだ。 彼の演技... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 11:20

» 亡国のイージス ヘナチョコ自衛隊全面協力のヘナチョコ映画 [Blog・キネマ文化論]
●亡国のイージスをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ある日、東京湾沖で訓練航海中のイ [続きを読む]

受信: 2005.08.01 11:28

» 亡国のイージス [欧風]
今年は自衛隊全面協力の映画が2作。まず初めに公開した陸上自衛隊協力の「戦国自衛隊1549」は、迫力があって私はとっても好みだったのですが、結構賛否両論ありましたね~。そして海上・航空自衛隊協力の「亡国のイージス」は7月30日から公開で、私も前売り券を買ったりしてヒジョーに楽しみにしてました。この2作の原作は福井晴敏で、今年公開の映画としては3作目なのですが、まあ、この作品は無かった事にしましょう(^_^;)。 そうして待っていたのですが、全国のワーナーマイカルで大規模な試写会があるという情報を... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 18:50

» 観ろ。絶対に観ろ。「亡国のイージス」いよいよ本日公開! [欧風]
試写会で観てから、すごいいい映画だ、是非皆さんに観て頂きたいな~、公開が待ち遠しいな~、と思っていた「亡国のイージス」ですが、本日いよいよ全国公開ですっ! 私も試写会で観たにもかかわらず、前売りも持ってるんで、朝一で映画館に駆けつけたいところですが、今日は山梨・甲府でベガルタ仙台の試合があって、それを観に行くので、映画は明日にしようかなと(ついでだからイージス艦のオープンセットでも見に行こうかなと思ったけど、メチャメチャ遠回りになるのでやめとく(^_^;))。試写会の感想はこちらに書いてます。... [続きを読む]

受信: 2005.08.01 18:53

» 「亡国のイージス」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
映画の日ということでファボーレ東宝で『亡国のイージス』を観てきました。 海上自衛隊イージス艦〈いそかぜ〉に『溝口哲也(中井貴一)』FTG三等海佐らが乗り込んだ。〈いそかぜ〉に乗り込んだと思われる某国工作員の探索が任務だった。先任伍長の『仙石恒史(真田広之)』は上陸中の若い者たちが起こした喧嘩騒動の処理に追われていた。その場には新しく乗艦した『如月行(勝地涼)』も混じっていた。 非番の時間甲板で絵を描くのが... [続きを読む]

受信: 2005.08.03 09:27

» 亡国のイージス [利用価値のない日々の雑学]
今年は本当に良く邦画を鑑賞していると思う。逆に言うと、洋画に期待外れが多くなって来ているのかもしれない。かといって、邦画が然程「期待通り」であったという訳ではないが。ただ、出来、不出来という範疇から考えると、洋画の場合は、「字幕スーパー」という余計な視覚を使っている分だけ、外れた作品を観た後の疲れは洋画の方が大きい。おっと、こんな書き出しだと、まるでこの作品が期待外れだった様ではないか??? というか、原作を未読のまま鑑賞に入った筆者は、鑑賞後映画館から隣接している書店に直行したくらいである。 ... [続きを読む]

受信: 2005.08.05 11:40

» 亡国のイージス [シネまだん]
監督:阪本順治  出演:真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一  公式サイト   6.5点 とりあえずチェ・ミンソちゃんはベタぼめです(ファンだから)  超豪華キャスト、防衛庁・海上自衛隊・航空自衛隊の完全協力・・・、話題性は抜群の超大作だ。でも、主役級... [続きを読む]

受信: 2005.08.13 06:19

» 亡国のイージス(2005,日本) [The Final Frontier]
 迷いに迷って観てきました。  亡国のイージス  基本的にDeannaは邦画には興味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦国自衛隊1549』を観た時は「こりゃ〜ヤバかろう」と、あまり..... [続きを読む]

受信: 2005.08.14 18:37

» 亡国のイージス [シネクリシェ]
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ [続きを読む]

受信: 2005.08.29 05:50

» 映画「亡国のイージス」 [渋谷でママ気mama徒然日記]
監督:阪本順治 原作:福井晴敏(「亡国のイージス」講談社刊) 脚本:長谷川康夫/飯田健三郎 音楽:トレヴァー・ジョーンズ キャスト:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一 、勝地涼、安藤政信、 原田芳雄、チェ・ミンソ、、吉田栄作、谷原章介、豊原功輔、真木蔵....... [続きを読む]

受信: 2005.09.05 05:02

» 映画「亡国のイージス」を観る [私でもいいですか?]
今日は話題作「亡国のイージス」を観てきました。レディースディなので。 原作は「ローレライ」でもお馴染の、福井晴敏の同名小説。 個人的に、「ローレライ」に満足出来なかった私はこの作品に期待。... [続きを読む]

受信: 2005.09.21 21:15

» 亡国のイージス [きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/]
「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と続く、 福井晴敏原作3部作の最終作。 「戦国自衛隊~」で若干、自分の中で盛り下がったんですが とりあえず話題作だし、出演者豪華だし観とかなきゃ!と 何かにつき動かされて(?)劇場へー! 「亡国のイージス」2005年公...... [続きを読む]

受信: 2005.09.24 16:01

» 亡国のイージス [Rohi-ta_site.com]
DVDで、出演:真田広之/寺尾 聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地 涼/岸部一徳/平泉 成/原田美枝子/原田芳雄/原作:福井晴敏/脚本:長谷川康夫/飯田健三郎/監督:阪本順治/作品『亡国のイージス』を観ました。 ●ストーリー イージス艦“いそかぜ”の先任伍長・仙石(真田広之)は、部下が非番の上陸中にケンカをしたとの知らせを受け、慌てて身柄を引き取りに現場に急行する。 現場に着くと5〜6人の男が倒れており、最近乗艦してきた1等海士・如月(勝地 涼)が一人でやったという事だった。 並外..... [続きを読む]

受信: 2006.01.07 14:47

« ライオンブックス るんは風の中/山太郎かえる | トップページ | 妖怪大戦争 »