« 人民元ついに切り上げ | トップページ | NPOという生き方 »

2005.07.24

サイダーハウスルール

b00005hrb7 サイダーハウスルール  ラッセ・ハルストレム監督 2000

孤児院とリンゴ園(サイダーハウス)を舞台に、主人公の孤児(トビー”スパイダーマン”マグワイア)が「自分自身」で考えてひとり立ちしていく過程を、彼をとりまく人たちのそれぞれの思惑を絡めて描いていきます。産婦人科医師にして、孤児院の院長、親代わりの役でマイケル・ケイン。よく知りませんが、監督もエライ方らしい。

納得できる結末かどうかは、意見の分かれるところでしょうが、「自分自身で決める。」ことの大切さを訴えているように感じます。 

|

« 人民元ついに切り上げ | トップページ | NPOという生き方 »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/5129712

この記事へのトラックバック一覧です: サイダーハウスルール:

« 人民元ついに切り上げ | トップページ | NPOという生き方 »