« 帝国の逆襲 | トップページ | 道路の経済学 »

2005.07.10

クロサギ 1 2

comi_011comi_021 クロサギ 1 2  黒丸 夏原武(原案) 小学館 各¥550

(オビより)

世に詐欺師、3種あり。人を騙し金銭を毟り取る白鷺(しろさぎ)、異性の心と体を弄ぶ赤鷺(あかさぎ)、そして人は喰らわず白鷺と赤鷺のみを喰らう史上最凶の詐欺師-黒鷺(くろさぎ)。父親が詐欺師に嵌められて起こした無理心中で唯一生き残った黒崎は、この世の白鷺を食い尽くすため、家族を破滅させた鷺の計画を立てた張本人であるフィクサーと呼ばれる男から情報を買う、黒鷺となった。

(1巻に出てくる詐欺の手口)

  • 財団融資詐欺
  • 美容品詐欺
  • 古美術商手形パクリ詐欺
  • 高級外車詐欺

(2巻に出てくる詐欺の手口)

  • 就職詐欺
  • ベンチャー企業詐欺
  • 家賃詐欺

いずれも実在の事件をベースにフィクション化されており、巻末にはそれぞれ1,2ページの活字解説つき。

「鳥越俊太郎氏激賞。」とか猪瀬直樹氏の名前が出てるオビもあるようですが、ほんとかいな、って感じ。確かに面白いけど、「ナニワ金融道」ほどリアルじゃないし、「ベンチャー企業詐欺」のように展開に少々(というかかなり)無理のあるネタ(たしかにIPO関係の詐欺事件は実在するんでしょうが。)もあり、多少、興ざめ。

何本か「読んでみようか」と手に取ったコミックのシリーズがあったのですが、このシリーズは「試用期間」扱いの2巻までにしておこうか、と考えているところです。

|

« 帝国の逆襲 | トップページ | 道路の経済学 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/4916101

この記事へのトラックバック一覧です: クロサギ 1 2:

« 帝国の逆襲 | トップページ | 道路の経済学 »