« クロサギ 1 2 | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(1)(2) »

2005.07.17

道路の経済学

4061497820 道路の経済学 松下文洋 講談社現代新書 ¥735

「アクアラインは800円でよい!」、「必要な道路」「無駄な道路」はどう見分けるのか?よくわかる公共投資分析

東京湾アクアライン、当初の通行料(片道)4,000円、途中から3,000円。著者が共同開発した権威あるシミュレーション・システムによる試算800円。これに影響を受けてか、平日、夜間、ETC利用者に限り、1,000円にする実験が始まったそう。

そもそもこのアクアライン、神奈川から10万人が千葉へ移住し、その人たちが毎日クルマをつかって神奈川側へ通勤するといった荒唐無稽なシナリオをもとに片道¥5,000の料金設定をしていたらしい。「万里の長城」やね。そして1兆4,400億円が投入されたわけです。ようやるわ。

海外で生活されたことがある方には当たり前のことなんでしょうが、そもそも高速道路が有料になっている国は殆どないらしい。先進国(OECD加盟国ってことでしょうか。)では日本とイタリアだけだそうですが、イタリアにしたって日本ほど高額じゃない。アメリカじゃその名のとおり「フリーウェイ」って言うしね。バンバン高速道路造ってる中国じゃどうなんだろう。第2東名、1m1億円ってすごいですよね。平均的なサラリーマンは一生かかって3mか。そもそも乗用車1台分の長さにも満たないってことは、一生かけても駐車すらできないってこと。

(目次)

  1. なぜ日本の高速道路は有料で世界一高いのか?
  2. アクアライン通行料は800円でよい
  3. 「経済性」をどう評価するか
  4. 環境への影響をどう評価するか
  5. 持続可能な成長と交通政策の転換
  6. 本当の民営化とは
  7. あなたは「合意」できるか?

(Amazonから)

松下 文洋
1947年生まれ、立教大学社会学部卒。日本ランディック、ソフト化経済センター「新時代の都市計画」主査を経て、アプレイザル代表取締役。法政大学法学部講師。不動産鑑定士
 

|

« クロサギ 1 2 | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(1)(2) »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんなカネの使い方しているから、道路公団や郵便局のような公営事業を民営化せよと言う議論が盛り上がるんでしょうね?
国の事業にしておくと、歯止めをどこでかけられるんだ?という不安を感じます。

投稿: Mizo | 2005.07.19 21:38

道路の「経済学」ってタイトルをわざわざつけておられることからも想像できるとおり、「経済性」とか「採算」なんてものとは、全く別の論理が道路供用のエンジンになっているのではないでしょうか。
JHも郵政(この政って文字に引っかかりがあったりするのですが。)も、ただ民営化すりゃいいってことになりそうで・・・。そのうち公立学校も民営化しちゃえ。空き教室を「進学教室」に貸して、市場化テストを実施し、「教育のプロ」が実は誰か、ってことを白日の下に晒すのもいいかもしれませんね。国立大学さえ、入試のチェックを河合塾に依頼する時代ですから。

投稿: じんきち | 2005.07.20 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/5004580

この記事へのトラックバック一覧です: 道路の経済学:

« クロサギ 1 2 | トップページ | RAINBOW 二舎六房の七人(1)(2) »