« 妖怪大戦争 | トップページ | 今週のBBQ 海水浴 »

2005.07.31

ショコラ

b00005oo4o
ショコラ

ラッセ・ハルストレム監督 2001 ジュリエット・ビノシュ ジョニー・デップ

図らずも、まさに見終わって気がついたのですが、「サイダーハウス・ルール」に引き続きラッセ・ハルストレム監督の作品となりました。

戦後25年、フランスの片田舎を舞台に流れ者の母子が辿りついたところから話は始まります。自分自身では敬虔だと思い込んでいるものの、実は偏屈なだけのキリスト教信者の伯爵、ボート生活の流れ者ルー(大柴、うそ、ジョニー・デップ)たちとの葛藤、交流。そして「人生は変えられる」と、村人に語りかけ、仕掛けていく主人公が自らの母親のDNAからの呪縛から自身を解き放つラストシーンへ。

アメリカ映画(なんでしょう。英語だし。)でありながら、イタリア映画のようなテイスト。

|

« 妖怪大戦争 | トップページ | 今週のBBQ 海水浴 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/5242330

この記事へのトラックバック一覧です: ショコラ:

» ショコラ [I LOVE CINEMA +]
ショコラ DTS特別版 2000年 121分 アメリカ 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ジュリエット・ピノシュ ヴィクトワール・テヴィソル ジョニー・デップ 因習の残るフランスの田舎の村に風とともにやって来た親子と村人との交流。新しいものや人を排除して、古い村と自分を守ろうとする市長に対して、村八分にされようともチョコレートを通して村人と心を通わせていくチョコレート屋の女主人の姿を描く。大人のファンタジーです。 ジョニー・デップも風のように現れ、風のように去るのですが、主... [続きを読む]

受信: 2005.08.11 00:10

» ショコラ ~My Collection~ [利用価値のない日々の雑学]
無国籍○○という言葉がある。例えば無国籍料理などの定義に関しては詳しく知らないが、筆者なんかだと美味しいものに定義や薀蓄は必要ないと思う。○○料理という言い方は、その○○の中に言葉が入ってしまうことで、その料理の本質よりも各々の先入観を優先してしまう点にある。例えば、日本料理だと「低カロリー」だとか、タイ料理は辛いとか。しかしこれも経験則が多いと、その中で部分集合を作り、ある程度特定の範囲がより漠然としてくるが、逆に例えば一料理名だったり、香辛料の銘柄だったりすると、それは完全の特定されてしまう。そ... [続きを読む]

受信: 2005.08.19 18:54

» ショコラ [cinema徒然草]
角川エンタテインメント ショコラ DTS特別版  つれづれなるままに40本目。ショコラ。  人間てのは幸か不幸か成長するもので、昔は良いと思ったものが今見ると特になんて事ないって事はよくある訳です。  僕は小さい頃から結構な数の洋画を観てきたんです... [続きを読む]

受信: 2005.09.06 20:24

« 妖怪大戦争 | トップページ | 今週のBBQ 海水浴 »