« 自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 | トップページ | さおだけ屋はなぜ潰れないのか? »

2005.07.02

SADAKATA 俺はこうして成りあがった

4777101649 SADAKATA 俺はこうして成りあがった 貞方邦介 ゴマブックス ¥1,365

飲食店経営、空間プロデュース業で大成功。TVでの露出も多いALCAZABA社長の半生の自叙伝です。

フェラーリ(F50!)、ランボルギーニ、ベントレーを乗り比べ、ヘリでそばを食べに行くらしい。この人も毎年かならずコンサートにいくヤザワ・フリークとして有名。

はじめに
(抜粋 Amazon より)

 小学生の頃、スーパーカーブームでフェラーリやランボルギーニに憧れたのが、社長を志したきっかけだった。20代でフェラーリを手に入れる。30歳で豪邸を建てる。40歳でホテルオーナーになる。夢は広がっていった。

 その夢を実現するために、「自分にできることは何か」をずっと見つめ続けてきた。

 単身、福岡から上京し、3浪して、ようやく大学に入学。家賃6万円のアパートに住み、レストランバーで時給850円でアルバイトを始めた。目の前にバブルを体験し、ショックを受け、グラスを洗いながら、80センチ先にあるカウンターの向こうの世界に行くしかないと、会社の前身であるサークルを仲間たちと起ち上げた。1年後、大学在学中に会社を設立。コネもない。資金もないスタートだった。

 就職が近づくと、仲間たちは、僕の元を去った。もう一度イベント業に立ち返ろうと決意し、当時まだ珍しい存在だった、ねるとんパーティをいち早く主催し、たった一人で会社経営を続けた。イベントが軌道に乗ると、ハコを持ったサービス業をしたいと思い、200万円の資金で、たこ焼屋を始めた。繁盛店になった。

 これが始まりだった。

 どんなことがあっても、夢は決して忘れなかった。それが今の僕をつくった。

 スーパーカー、豪邸、ヘリコプター……多くのモノを手に入れた。

 そして、多くのモノを手に入れたことで、次の世界が目前に開け、新たな夢の実現に向け、また走り始めた。

 夢に向かって走り続ける僕が、いかに夢を実現し、そして成り上がったか――
 本書は、多くの人との出会いや、数々のピンチなど、自分で体験してきたことから導き出された、「貞方流成りあがり方」。それは仕事に留まらない生き方のエッセンスだと思っている。

 ハッピーになるチャンスは誰にでもある。本書を読んでくれるみんなが、ハッピーになることを願ってやまない。

貞方邦介

この「はじめに」、「成りあがり」の冒頭を確信犯的に強く意識しているみたい。また、そこがうれしかったりするんやけどね。

こういう「アツイ」本は、元気を貰えていいよな。ココロの栄養ドリンクやね。

|

« 自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 | トップページ | さおだけ屋はなぜ潰れないのか? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/4795375

この記事へのトラックバック一覧です: SADAKATA 俺はこうして成りあがった:

» 自分に集中する [GOOD BAR]
みんななんでテレビに夢中になるのかな? テレビ見ている暇があったら、 自分にできることを考えたらいいのに。 今、貞方邦介さん の 『俺はこうして成り上がった』を読んでます。 その中で、非常に共感したものの ひとつが上の文章です。 テレビを見... [続きを読む]

受信: 2005.10.06 19:29

« 自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 | トップページ | さおだけ屋はなぜ潰れないのか? »