« NPOという生き方 | トップページ | 枝吉子供祭り 2005 »

2005.07.24

戦国自衛隊1549(原作)

4048736140 戦国自衛隊1549 福井晴敏 角川書店 ¥1,785

 ようやく読了。238ページしかないので、長編が多い福井作品の中ではずいぶん短い部類に入りそうです。

 率直に言ってエイガはアレレってままに終わってしまったけど、それでもやはり原作は福井ワールドと福井スタンダードをきっちり確保してくれていました。特に「羅漢兵」のコンセプトはエイガでも欲しかった。

 ただし陸自兵器に関しては、基本的な知識が無いとかなり読みづらいと思う。1549用の副読本もあるようですが、「J-GROUND」なんかで予習しておくと読みやすいと感じました。

 結局、エイガは原作に遠く及ばなかったようで、エイガが原作になんとか食い下がった「ローレライ」よりも”引き離され度”は大きかった。三度目の正直、「亡国のイージス」に期待。

|

« NPOという生き方 | トップページ | 枝吉子供祭り 2005 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/5129963

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国自衛隊1549(原作):

« NPOという生き方 | トップページ | 枝吉子供祭り 2005 »