« 案ずるより燻製は易し | トップページ | 20世紀少年 (3) »

2005.07.18

RAINBOW 二舎六房の七人(7)(8)(10)

071379961071410591071507691 RAINBOW 二舎六房の七人(7)(8)(10)   安部譲二 柿崎正澄 ヤングサンデーコミックス 小学館 各¥530

#7:降り出した雨の中でマリオは激情を抑えかねた。いや、抑える気なんか最初から無かった。それは、雨で濡れて弾けたんだ。

#8:マリオとスッポン、それに血まみれのジョーを背負ったキャベツは懸命に東劇を目指す。「いつだってこんな場面ばっかだ。でもネンショー上がりはそう簡単には諦めねェのさ」

#10:恩着せがましいのはアンチャンの流儀じゃない。身体と頭(ペテン)を使って踏み出すんだ。幸せになれなきゃ、生まれてきた甲斐がねェからな!

#9:第9巻だけ、売ってなかったんよ。残念。 

|

« 案ずるより燻製は易し | トップページ | 20世紀少年 (3) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/5029284

この記事へのトラックバック一覧です: RAINBOW 二舎六房の七人(7)(8)(10):

« 案ずるより燻製は易し | トップページ | 20世紀少年 (3) »