« BIG FISH | トップページ | DEATH NOTE 7 »

2005.07.03

スターウォーズ3 シスの復讐

news_head1 スターウォーズ エピソード3 シスの復讐 2005 G.ルーカス監督 ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン ヘイデン・クリスチャンセン イアン・マクダーミド サミュエル・L・ジャクソン ほか

スターウォーズ6部作、完結。ってことで先行ロードショーの昨日、ワーナーマイカル明石で観てきました。マニアックな方々は先々行ロードショーの6月25日に見に行かれたのか、昨日はそんなに混んでなかった。

これでエピソード4から始まって全てをロードショーで見たことになる。これだけの人気シリーズだけど、通しでロードショー観劇した人は意外に少ないのかもしれない。

エピソード4を見たのが中学生のとき、今は無くなってしまったOS劇場のシネラマで見たような気がする。「アメリカからすごいエイガがやってくる。」って封切に先立ち、テレビで特番がたくさん組まれた。その際に見たミレニアム・ファルコン号の機銃座(?)の映像や、初めて見るシュノーケル・カメラからの映像(Xウィング・ファイターがデススターの運河の中を飛ぶシーンなど。「空軍大戦略」やモスキートが活躍する「633爆撃隊」が、スペース・オペラになったなんて感じた。)にビックリ。これぞ、映画の決定版、これ以上のエイガは今後、出てこないだろうなんて確信したりしてしまった。タトゥーンで、ルークの乗るエアカーがなんで浮いているように見えるのか不思議でならなかった(車体の下に鏡をはってタイヤを隠したらしい。砂漠じゃこれでも十分にステルスになるみたい。CGなんて無かった時代。)。米国での封切が後になったスピルバーグの「未知との遭遇」が日本ではスターウォーズより先になったり、SFものが注目された時期だった。よく引き合いに出されるエピソードですが、ルーカスのオファーを断らずにオビ・ワンを三船敏郎がやってたらどうなってたんだろう、と思う。「1941」のコンパスの壊れた伊号艦長に出演して二重にミス・チョイスした、なんて言われちゃったりして。ミフネ・オビ・ワンなら、アレック・ギネスよりもはるかに濃ゆ~いジェダイ・マスターの激しい殺陣が見れたのに。そして、エピソード1から3のユアン・マクレガーの役は誰がやってたんだろうとも考えてしまう。剣戟とアクションが出来て三船敏郎に通じる彫の深いカオといえば、真田広之しかいないだろう。渡辺兼とは少し雰囲気が違うしな。

その後、「帝国の逆襲」の最後のシーン。んな、アホなって感じやった。当時は、あまりに意外だったんで混乱してしまった。予告編のナレーション、The Empire strikes back. ってのが印象的で耳に残った。エピソード6の「ジェダイの復讐」、このタイトル、今回のエピソード3と完全に韻を踏んでいるわけですね。「Revenge of the XXXX」のXXXXがJEDIかSITHなのか。もっとも最近じゃ、「ジェダイの帰還」って訳されているみたいですが。

そして本編。CGに凄まじいコストがかかっていることが容易に想像できる冒頭の戦闘シーンでまず圧倒される。スクリーンいっぱいに広がる戦闘場面に、どこを見つめていいか分らなくなるほどのスピード感。説明臭くなる箇所も出てくるけど、後半は、エピソード4にキレイにつながる伏線がたくさん用意されていてうれしくなってしまう。1カットだけですが、建造中のデス・スターやターキン総督(エピソード4の人に雰囲気、似せてる。)も出てくるし。

映画館では、エピソード4からの復刻版がセットになったパンフレットのセット(¥3,900)も売られており、一瞬、買おうかなとも思ったけど、シリーズ全部持っているはず、と考え直した。でも山のように積み上げたパンフの中からより分けるくらいなら買っておけばよかったとも・・・。微妙。

中学生の頃、エピソード4と5のノベライズは読んだ(気がする。間違いなく4は読んだはず。同時期に「未知との遭遇」のも読んだ。)けど、改めて1から6まで読んでみたいとも思う。こんなことを思うようになったのも、「とうとう終わってしまった。」って感じているからかもしれない。エピソード7から9なんて、ほんとに構想としてあったのかどうかさえ疑わしくなってきてるらしいしね。ルーカスが「あれは冗談だった。」って言ったとか言わなかったとか。

 

|

« BIG FISH | トップページ | DEATH NOTE 7 »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/4805350

この記事へのトラックバック一覧です: スターウォーズ3 シスの復讐:

» 「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」先々行上映 劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
ファーボーレ東宝で『スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐』先々行上映を観てきました。 クローン大戦が勃発して三年、ジェダイ騎士団が共和国軍を指導する中、『パルティーン最高議長(イアン・マクダーミド)』が拉致される事件が起き、『アナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)』と『オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)』は救出作戦の指揮を取る。『ドゥークー伯爵(クリスト�... [続きを読む]

受信: 2005.07.03 11:32

» スターウォーズ見てきた [燃えと萌えと殺伐とした妄想の日々]
スターウォーズ -エピソード†・シスの復讐- 見てきました。俺的評価:☆☆★オープニングの「遠い昔 遙か彼方の銀河系で」が流れると一寸感動。これから始まる作品に期待し小さく拍手をした。アナキンがダース・...... [続きを読む]

受信: 2005.07.13 00:57

» スターウォーズ エピソード3 ~シスの復讐~ [利用価値のない日々の雑学]
公開から一週間出遅れてしまったが、ついに「エピソード3」の鑑賞に行ってきた。「スターウォーズ」を最初に劇場鑑賞したのは1977年。今回はそれから28年経って、その最初の上映に繋がる作品となる。自身も28年間で随分環境が変わった。これは映画ファンならずとも、これだけの感慨というのは生涯にそんなに味わえる物ではない。たかが「映画」かも知れないが、この時代に生きていて良かったと大袈裟でなくそう思う。そして、この内容は、今まで筆者がこの作品をこよなく愛してきた一ファンとしての集大成となり、同時に原作からは汲... [続きを読む]

受信: 2005.07.18 11:36

» 六甲大橋往復 [G-log]
六甲ライナー(10年振り)に乗って、MOVIX六甲(初)へ。「スター・ウォーズ... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 21:07

» ☆★★ 『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』観ました... [★SASASAWAのよくばり日記★★☆]
   レンタルでいいかなって思ってたけど劇場で観てみました☆   シリーズは一応一通り観てます。   でも全てレンタル&TV。   大きなスクリーンで観たことはありません。   全て途中で集中が切れて寝てしまってます。   スター・ウォーズファンの方に...... [続きを読む]

受信: 2005.08.20 10:11

« BIG FISH | トップページ | DEATH NOTE 7 »