« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.30

内部統制の理論と実務―執行・監督・監査の視点から

4765815234 内部統制の理論と実務―執行・監督・監査の視点から 鳥羽至英 国元書房 ¥3,990

第1 章 内部統制の展開――概観
 1 内部統制をめぐる大きな流れ
 2 内部統制概念―― 2 つの立場
 3 内部統制の多面的意味
 4 内部統制の史的展開
第2 章 企業経営を支える基本的な仕組み
 1 コーポレート・ガバナンス
 2 マネジメント・システム
 3 内 部 統 制
第3 章 内部統制概念
 1 COSOフレームワーク
 2 COSOフレームワークの特徴
 3 内部統制に対する誤解と過度の期待
 4 本書における内部統制概念――COSOフレームワークに基づいて
 5 内部統制の構成要素各論――そのポイント
第4 章 内部統制・企業経営・コーポレート・ガバナンス
 1 コーポレート・ガバナンスとその態様
 2 経営という行為の概念的枠組み
 3 コーポレート・ガバナンスの基本型
 4 内部統制とコーポレート・ガバナンス
 5 内部統制をとらえる視点――立場によって変わる
第5 章 企業経営と執行・監督・監査
 1 執行
 2 監督
 3 監査
第6 章 内部統制の執行・監督・監査
 1 内部統制の執行
 2 内部統制の監視――監督
 3 内部統制の監視――監査
第7 章 内部統制とマネジメント・システム
 1 内部統制とマネジメント・システムとの関係
 2 マネジメント・システム
 3 マネジメント・システムと内部統制の構成要素との関係
 4 内部統制とISO 認証取得
第8 章 内部統制と商法
 1 内部統制概念が法的に認知されるまで――概観
 2 監査役監査の理論的な枠組み
 3 監査委員会監査の理論的な枠組み
第9 章 内部統制と内部監査
 1 内部監査の性格――執行の枠組みのなかで行われる監査
 2 内部監査の主題
 3 内部監査のアプローチ――自己申告型か摘発型か
 4 監査役(監査委員会)監査と公認会計士監査との関係
第10 章 内部統制と公認会計士監査
 1 内部統制リスクと試査範囲の決定
 2 内部統制と証拠資料の信頼性の評価
 3 内部統制と資産の保全
 4 財務諸表の信頼性を支える総合的な基盤としての内部統制
――状況証拠としての内部統制
 5 経営者の受託責任の遂行の手段としての内部統制
 6 内部統制報告書に対する公認会計士の関与
――その信頼性の担保
 7 財務諸表の適正表示の認識意味としての内部統制
第11 章 内部統制についての開示
 1 内部統制に関する開示の理論
 2 アメリカにおける内部統制報告実務
 3 わが国における内部統制の開示実務
第12 章 内部統制システム構築への道程
 1 内部統制システムの構築に向けた社内意識
 2 内部統制システムの構築に向けたリーダーシップ
 3 内部統制システム構築のためのグランド・プラン
第13 章 内部統制についての今後の展望
 1 内部統制に関する経営者の言明の制度化
 2 財務報告に対する内部統制と財務諸表の適正表示
 3 内部監査の新しい方法論
 4 内部統制コストの測定のための枠組み
 5 主張(アサーション)指向の内部統制システムの構築
補章 監査の主題と企業監査の態様
 1 監査の主題
 2 監査役監査の主題と監査役監査の範囲

付録【CD-ROM】収録内容
 日本商事新薬副作用死亡事件
 富士重工業欠陥車隠し事件
 雪印食品輸入牛肉偽装事件
 東京電力原子力発電所点検記録改竄事件
 ソフトバンクBB 顧客情報流出事件
 森ビル・六本木ヒルズ回転ドア児童死亡事故事件ほか

少し理屈っぽい箇所もありますが、実験的な仕掛けが組み込まれており飽きずに読めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最新介護ビジネス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

4798010588 最新介護ビジネス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 山田正和 秀和システム ¥1,470

介護って遠くに感じるけれど、いきなり近くなる。でも制度は複雑。

  1. 介護ビジネス業界の現状
  2. 介護業界の仕組みと仕事  *
  3. 公的介護保険制度の仕組みと概要  *
  4. 介護ビジネス業界の問題点
  5. 介護ビジネス業界の最新動向
  6. 介護ビジネス業界の将来動向
  7. 付録

*:特にオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在官僚系もふ (1)

4091876110 現在官僚系もふ (1)    ビッグコミックス 鍋田吉郎 並木洋美

政治と行政の駆け引きのはざ間で、なんだかわからないままに財務省に入省した三流大学出身者が主人公。う~ん、マンガ的。ノリ、軽いみたいだけど、テリー伊藤の名著「お笑い大蔵省」に迫れるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.29

自治体行政評価ケーススタディ

4492211535 自治体行政評価ケーススタディ 石原俊彦 INPM行政評価研究会 ¥3,360

意外にありそうでない、実務最前線の自治体職員による掛け値なしの「実践」の書。

「編著者はしがき」にもあるとおり、地方自治体には連結貸借対照表が無い。そして、遅まきながらも平成18年3月を基準日に各自治体での作成が総務省から求められることになりました。あまり知られてはいないものの、中央政府の特別会計は連結決算書が作成されています。心ある人たちは、このどうしょうもない状況の打破に向けて、少しずつ動き出しているのです。この本もそういった心ある人たちが、ノウハウを開陳してくださったものと認識しています。

  1. 自治体行政評価の基礎知識
  2. 自治体行政評価の変遷
  3. 長浜市の事務事業評価と目的体系図
  4. 三木市の業務棚卸と機構改革
  5. 尼崎市の執行評価と事業別決算
  6. 名古屋市の行政評価と経営改革
  7. 豊橋市の行政評価と政策調整
  8. 三重県の政策評価とマネジメント・システム
  9. 福井市の施策進行管理と自治体ベンチマーク
  10. 自治体行政評価のIT化と財務会計システム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙そうそう TBS

idx_banner_nadasousou1 涙そうそう

ついさっき、原爆が落とされました。一瞬のうちに全てがのうなってしまう。

アメリカ人の大半は、「原爆を落としたことは正しい。」と信じている。もっとも若い連中は知ってさえいないかもしれないけれど。・・・B公(エノラゲイ)、全部CGなんだろうか。すごく良く出来てた。ロケは上海だろうか。帝都物語のセットを彷彿とさせられた。

普通の神経の人間なら、原爆資料館では冷静でいられなくなる。

そして、そんな危険性に満ち満ちた現代に私たちは生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公会計 基本テキスト・シリーズ

4495184911 公会計 基本テキスト・シリーズ 稲沢克祐 同文館出版 ¥2,100

アカウンティング・スクール(会計専門職大学院)での基本テキストとして活用されることを前提に編集されたシリーズの1冊です。

  1. 公会計の基礎
  2. 財務報告
  3. 財務諸表の構成要素(1)
  4. 財務諸表の構成要素(2)
  5. 公的部門の業績評価  *
  6. 中央政府会計(1)
  7. 中央政府会計(2)
  8. 地方政府会計(1)
  9. 地方政府会計(2)
  10. 公営企業会計
  11. 各国の政府会計(1) アメリカ
  12. 各国の政府会計(2) イギリス *

*:特にオススメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バキ外伝疵面-スカーフェイス (1)

4253231713 バキ外伝疵面-スカーフェイス (1)    チャンピオンREDコミックス 板垣恵介 山内雪奈生 ¥580

バキの登場人物中、異彩度No.1の喧嘩師「花山薫」が主役となった外伝。強くなるために鍛錬することすら、女々しい、と決めつける侠(オトコ)。

役者が違う、ってことやね。・・・でも勇次郎には、いいとこなしで両手両足折り曲げられちまうんやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部監査人室

4835584597 内部監査人室 阿久澤栄夫 文芸社 \1,680

人気のsiteが書籍になったと評判の本です。建前、理論書が多い中で、ホンマの本音で語られた本です。内部監査のみならず、常識的な言い回しの実例(ここでいう常識的とは、ビジネス文書の例文といった意味ではなく、組織内における無用の軋轢を上手に回避するといった”高み”まで見通したものです。)もふんだんに載っています。

エピソードを読んでいるだけでも楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.28

21  1955 監督 新藤兼人 キャスト 乙羽信子ほか

いまだ戦後の空気が色濃く残る時代を舞台に、生活苦がそのまま「死」に繋がる状況で理性を失っていくフツーの市民が狼になっていく。でも、狼は人間には敵わない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.26

44minutes

b0000dc3vl 44minutes

上下の防弾服に身を包みAK47を連射する2人組の銀行襲撃犯。短銃で応戦する警官はなすすべなく次々に倒されていく。一方、犯人は逃げ隠れせず、仁王立ち。先に警官に撃たせ、撃ってきた方へ応射して打ち倒そうとする。

97年にLAで実際に起こった事件の映像化。そして奇跡の結末へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おきなわ  その4

DSCF0019miniDSCF0014miniDSCF0017mini    3日目

昨日のナガンヌ島とうって変わって、本島の東側、那覇と反対側、太平洋側のコマカ島へ。

冬と夏で風向きの関係から砂浜の形さえ大きく変わってしまう周囲1kmにも満たない無人島。

家内が20年以上前に訪れて以来、殆ど変わっていなかったようで、まさに「楽園」そのものでした。身勝手な話ではありますが、あまり有名になって欲しくない、人気が出て欲しくないなんて感じてしまう。書店に並ぶ「離島ガイド」の類にもあまり取り上げられていないけど、離島めぐりをした方のsiteを覗くと、最高ランクの評価ばかり。

アクセス:那覇からクルマで40~50分。私たちは、ハーバービューホテルで手配してもらった気のいい運転手、城田さんのタクシーで向かいました。ホテル登録の観光案内運転手らしく、行き帰りの道すがら流暢でテンポのいい観光案内をしてもらいました。知念村の「知念海洋レジャーセンター」へ。そこから渡船で20分ほど。2人揃えば不定期でフネを出してくれます。帰りも予約。もちろん、島には売店なんてありません。トイレだけはちゃんとありますが。

サカナが餌付けされているので、島で1本200円で売っている魚肉ソーセージをちぎって海中に放り投げると、あっという間に、ものすごい数のサカナが寄ってきます(感覚的には100尾くらいといっても大げさではない。入れ食いどころではありません。見るからに熱帯魚のようなサカナから、30cm以上ある銀色のタイみたいなのとか、いろいろな種類のサカナが20種類くらいはいたような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.24

オキナワ その3 ナガンヌ島

DSCF0008minidscf0003_miniDSCF0006mini  2日目。

那覇から30分ほどでしょうか。慶良間諸島の手前、チービシと言われる島々の1つ、無人島のナガンヌ島へ。昨年、シケのため行けず。代わりに津堅島(つけんじま)に行ったんで、それはそれでとても楽しめたんですが。行けなければ、やっぱりいつかは行ってみたいもの。

行く途中、船の上をP-3Cオライオンが旋回しながらパス。100~200mくらいだったみたいでずいぶんの迫力。ナガンヌに着いてからも、米軍のF-15が2,3機で編隊を組んで飛んでいった。水平飛行に移った後なので 相当な高空ですがすごい音。そして速い。

一日中、居ました。ヤキソバやらオリオン・ビール、焼鳥やらで、\5,000くらい使ってしまいました。・・・無人島なんですが、この日に限って700人くらい居たそうで。皆さん、\4,000とか\1,000とか払って掘っ立て小屋みたいなコテージ(?)やビーパラを借りておられましたが、空輸したビーチテントを砂浜最前線に立ててやった。テント、700人いたのに我が家だけとは。どうやら皆さん、ビーチサイド素人ばかりだったみたい。

ウンコみたいな「なまこ」や何種類かのサカナ、中には鮮やかな熱帯魚もいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.23

おきなわ その2

8月14日:

5時10分のタクシー、JR、関空行きリムジンバスと乗り継いで、関空にAM8:00集合。9:30(だったと思う。)のJALチャーター便(別にワタシがチャーターしたんじゃないのですが。)でオキナワへ。

空港→ハーバービュー・ホテル(一旦、荷物を置いて、その後、3日目の「コマカ島」行きの確認。)→国際通りのサムズ(ステーキハウス。若いコックさんたちのパフォーマンスが楽しい。去年も着いてすぐ食べに行った。)  その後、ホテルに戻り、ガーデンプール(風呂みたいに暖かい。)でひとしきり楽しんだ後、別に買い物するわけでもないけど、送迎バスでDFSギャラリアへ。人気スポット、オキナワの新名所になってるらしい。この後も、ちょいとあったけど、早めに就寝。

2日目は無人島のナガンヌ島へ。果たしてそこは本当に無人島なのか、白浜ばりの行楽地型海水浴場なのか。・・・つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.22

オキナワ その1 コマカ島

dscf0015_miniコマカ島  熱帯魚、20種類、100尾が寄ってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.14

空の大怪獣ラドン

b00005htf3 空の大怪獣ラドン

1956年、昭和31年。本邦初の総天然色怪獣映画。

ゴジラ、アンギラスに続いて3匹目の怪獣。厳密に言えば、ラドン自身はメガヌロンの次に登場するので4匹目。も一つ言えば、「ゴジラの逆襲」に出てくるゴジラは2代目なので、ラドンは4種目、5匹目か。

空中戦の迫力は、とても50年近く昔の映画とは思えず、思わず身を乗り出してしまいます。幼いワタシにとってメガヌロンの登場シーンは衝撃的で、初めて見た日(テレビ放映)の夜、夢に見たように記憶しています。

プテドン   ちなみに アンキロザウルス (ちょっと苦しい。) 

もちろん、ゴジラは、(リラ+クジラ)/2=ゴジラ

オススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.13

エイリアンVSプレデター

b0009ygwrm エイリアンVSプレデター 2004

エイリアンもプレデターも超一級のモンスターなんでしょうが、ここでは1+1が2どころかマイナス100くらいになってしまったようで。あんまり気合入れてみてなかったのですが、それはそれで正解であったようです。

何を借りてんだか。ま、200円相当ってことでしょうか。TSUTAYAで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.09

郵政否決、総選挙・・・

予想されていたこととは言え、タイヘンなことになってしまいましたね。

これで間違いなく郵政改革は遠のき、「大きな政府」すなわち、こけたら大怪我する社会主義国家へまっしぐら。政治の空白で来年度の予算編成は進まず、ここんとこついてた補助金もおあずけになって・・・。

確信犯で「反対」した荒井広幸参議院議員がニュースで泣き言ならべていたけど、森前首相に軽くあしらわれてた。「それも覚悟の上なんでしょう。子供じゃないんだから。」と。謀反を起こしたわけで、公認がつかないのはもちろん、「政敵」になった以上、強力な対抗馬が出てくるのも当たり前。もっとも(比例代表で)良識の府、参議院におさまっておられるんだからご自身はしばらく安泰。ここは「否決」に投じた以上、参議院議員を辞して、衆議院で「同志」と同じ境遇(無所属)で再挑戦(もちろん、小選挙区で。)すべきでしょう。それが、道義的責任を取る「良識」派のあり方だろう。一方、農水相の辞表を先回りして罷免した執行部も一本筋が通っていると感じた。

池田大作の国会喚問を回避するために、何が何でも与党に居続けなければならない公明党は公明党で、自民、民主の二股作戦で、組織力はあってもこちらも必死。岡田代表に、即座に袖にされた冬柴さん、立場ないよな。

当事者の方々には酷薄な状況になりつつありますが、しばらくは「政治ショー」で楽しめそう。自分と取り巻きの少数の支持者の保身のため、大多数の国民の未来を台無しにしたんですから、少しぐらいエンタメ扱いしても構わないですよね。

それにつけても投票日、「9.11」ってアメリカへのあてつけかよ。台風直撃で、記録的な低投票率になり、組織票の公明党が全員当選ってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.06

枝吉ふれあい納涼夏祭り 2005

dscf0001_mini 小学校主催の「枝吉子供祭り」から2週間目の今日、地域主催(枝吉小学校、王塚台中学校も参加)の「枝吉ふれあい納涼夏祭り」が枝吉小学校で開催されました。

盆踊りがメインのはずなんですが・・・老若男女みんな夜店に夢中。売る方も買う方もタイヘン。真剣。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューミュンヘン神戸大使館

main_image011 ニューミュンヘン神戸大使館 学生時代のボランティアサークルの後輩たちとグビグビやってしまいました。大使館ビール、バイツェンビール、シャンディガフとか5杯ほど。地下工場(なんか妖しい響き)で醸造された大使館ビール、バイツェンビールは何ともいえないコクがあります。2次会は西村屋珈琲店でケーキセット。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

日露戦争物語 2

070887221 日露戦争物語 2 江川達也 小学館 ¥530

 なぜ2巻目からって?第1巻が書店で見当たらなかったからです!

「坂の上の雲」を下敷にしているのかどうかわかりませんが、秋山真之の年少~少年時代が中心になってます。正岡子規が、マヌケな顔。でも少しずつ、ほんの少しずつ凛(?)としていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NAVY YARD Vol.1

¥1,995

ついに出た。艦船ちゃん向け模型雑誌。アーマーモデリングの別冊って形で季刊らしい。特集は帝国海軍の象徴「戦艦大和」

タミヤ、フジミの1/700つくり比べ、尾道の1/1大和や昔の東宝戦艦大和とか。

MMMやモデルアート系を意識したのか、いい紙を使ってしっかりしたつくり。ことさら艦船ファンにはこういうのが受けるとみたのだろうか。

艦船模型を作る予定がないのも拘わらず、とりあえず買ってしまう自分に小首をかしげる。(でもすぐにまっすぐに戻してしまい、また傾げるスキを生む。何やってんだか。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PANZER 2005 7

185009621 PANZER 2005 7 アルゴノート社 ¥1,400

  • AFV比較論 87式偵察警戒車 & ルクス
  • 日本陸軍四式中戦車の開発とその性能
  • フォトリポート ベトナム戦争

マスモデで四式が特集されていたのにつられて、つい買ってしまった。でも今じゃ8月号が店頭に並んでます。しかもDVDの付録つき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうひとつの昭和史 白・赤

071512701071512691 もうひとつの昭和史 白・赤 田埜哲文 二宮亮三 ヤングジャンプコミックス¥580

白:どちらかというと表通系

赤:一概には言えないけど裏道系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »