« 拒否できない日本 | トップページ | 功名が辻 (3) »

2005.11.20

北の零年

b000929wjo 北の零年

明治初期、徳島藩との抗争に破れ中央政府の命により北海道へ渡った淡路島出身の武士達とその一族、郎党、家族の過酷な物語。

渡辺兼(訂正。「兼」じゃなくて「謙」ですよね。なんか違和感を感じていたのですが、さっき「TRY」のクレジット見てて気がつきました。スミマセン。)、香川照之が、それぞれ意味合いは違うものの「いやなヤツ」役で好演。生活基盤の崩壊を伴う社会制度の変革は、人々を物理的、経済的なものはもちろん、尊厳を含めた精神的なものを根底からひっくり返す。

そんな3つの「ひっくり返し」に関して言えば、職業軍人にとっての第2次世界大戦での敗戦、武士にとっての明治維新は、「生存と尊厳をかけたアイデンティティの模索」そのものであったのだろう。

|

« 拒否できない日本 | トップページ | 功名が辻 (3) »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/7225071

この記事へのトラックバック一覧です: 北の零年:

« 拒否できない日本 | トップページ | 功名が辻 (3) »