« ギャラリーフェイク 1・2 | トップページ | 大和 オープンセット 2 »

2005.11.06

功名が辻 (2)

4167663163 功名が辻 (2) 司馬遼太郎 文春文庫 ¥570

 信長の死後、秀吉に振り回されるように、しかし、秀吉に目をかけられながら伊右衛門(後の山内一豊)と千代の運命が展開されてゆく。

  • 長浜城の城代として有頂天のなか、大地震で一粒種のよね姫を失う悲劇。
  • 手先が器用で生来センスのいい千代がハギレを今で言うパッチワーク風にしたてた着物を、秀吉、淀や天皇までが感心する。・・・千代紙とはこれが由来か、との記述も。
  • 後半は、人が変わったような秀吉に日本中が翻弄されていく。

NHKの大河ドラマでの一豊は上川隆也らしい。「大地の子」や「ひまわり」とか、よほどNHKに気に入られているらしい。NHK、大津では記者が連続放火で逮捕されてタイヘン。それより心配されるべきは、放火された被害者であるはずでしょうが。

|

« ギャラリーフェイク 1・2 | トップページ | 大和 オープンセット 2 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/6924617

この記事へのトラックバック一覧です: 功名が辻 (2):

» 伸びろ視聴率!功名が辻(2)の感想 [野球バカの読書生活]
言うまでもなく満点です!  歴史の流れでいくと、中国征伐〜秀吉が秀次を殺す所までです。秀吉が信長の敵を討ちのし上がっていく様を一豊・千代の目を通して語られていきます。またそれと同時に世継ぎが生まれ段々とおかしくなっていく秀吉の様も書いてあり秀吉の話と言っ....... [続きを読む]

受信: 2006.01.11 23:46

« ギャラリーフェイク 1・2 | トップページ | 大和 オープンセット 2 »