« 越のかぎろひ 萬寿 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード (下) »

2005.12.03

笑の大学

b0001m3xgu 笑の大学 三谷幸喜監督 2004

戦時下、役所広司演じる超堅物の検閲官と稲垣吾郎演じる喜劇劇団の脚本家の机一つ挟んでの対決。

劇中、殆どが二人の息詰まるやりとりに終始。戦時下の官憲の典型たる役所の理不尽な仕打ちに、生協の白石さんばりに(そこまで華麗ではないけれど)切り返して行く稲垣のシーンが続く。二人芝居の演劇を観ているようで、所々に説明的な他の映像が挟まれる。

「笑の大学」とは、稲垣が所属する劇団の名称。

時代を感じさせる仕掛けも見られ、前半の緊張感と・・・後は見てのお楽しみ。味のある小品といった趣でしょうか。

|

« 越のかぎろひ 萬寿 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード (下) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/7448696

この記事へのトラックバック一覧です: 笑の大学:

» 【笑の大学】 三谷作品最高傑作では?? [DUMMY FAKE ROLLERS]
『みんなのいえ』、『12人の優しい日本人』、『竜馬の妻とその夫と愛人』など、数々の名作を 手がける三谷幸喜の『笑の大学』を観ました。めーっちゃ面白かったです! 笑の大学 スペシャル・エディション東宝これ、彼の最高傑作では!? 劇団の脚本家が、その脚本をチェックする検閲官の無理難題の要求に応えていくうちに、 おかしなストーリーになってきて、という三谷節炸裂のコメディです。 検閲室という密室�... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 21:51

« 越のかぎろひ 萬寿 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード (下) »