« 這い上がれない未来 | トップページ | 郵便局 »

2006.01.16

DVD ウルトラシリーズ トライアルエディション

b0002chnf6 DVD ウルトラシリーズ トライアルエディション

TSUTAYAで借りてきました。写真のとおりの4つの昭和ウルトラシリーズ傑作選。円谷プロのDVDなので同じウルトラでもキャプテンウルトラは入っていません。記憶違いかもしれませんが、ウルトラマンとウルトラセブンの間の時期にキャプテンウルトラが放映されていたような気がします。40過ぎたオヤジの就学前の記憶なんで、あやふやなもんですが。

こうして並べてみると期せずしてリサイクル怪獣ばかりがエントリーされています。太字がこのDVDに収録されているもの。ちなみにアーストロンが兄、ゴーストロンが弟ってことになっていたと思いますが、甦ったので”ゴースト”ロンなのかも知れませんね。怪獣の命名ってのも結構おもしろい。また、アーストロンの目が、同じ恐竜型怪獣のゴジラのこの頃のもの(ヘドラあたりか?)に似てかわいい目をしているのも時代を感じさせてくれてうれしい。

  • ケムール人 → ゼットン星人
  • セミ人間 → バルタン星人
  • アーストロン → ゴーストロン

こういうDVDって、ノスタルジーに浸りながら理屈ぬきに癒しになるんやなぁ。ありがたいこってす。

|

« 這い上がれない未来 | トップページ | 郵便局 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トライアルエディションということは、ちょっとウルトラマンの世界を覗いてみたい人のための「お試し版」という意味合いでしょうか?
ウルトラマン世代には興味がひかれるDVDですね。

投稿: Mizo | 2006.01.16 23:34

Mizoさん こんばんは。

おっしゃるとおり「お試し版」ってことのようですが、殊更に解説がついているというわけでもなく、意外にあいそなしです。

また、現在から眺めれば同一の時代で括ってしまいがちな4作品ですが、高度成長真っ只中だけに「ウルトラQ」と「帰ってきたウルトラマン」では別の国じゃないかと見まがうほどの違いがあります。

投稿: 凡太郎 | 2006.01.17 00:34

じんきちさん こんにちは
このDVDははじめて見ました。
親子で楽しめそうなので今度借りたいと思います。
昨日のテレビ『まさかのミステリー』でゴジラのきぐるみの再利用は何にしたでしょう?というクイズで親子で『えりまきつけてジラースにしたよね』なんて普通に会話してました。
ウルトラマンってありがたいもんだな~なんてしみじみ思いました。
怪獣の命名で『ボーク星人』という怪獣がいたと思います。やっぱり『防具』からきているんでしょうね。(最近気がつきました)

投稿: きょうやん | 2006.01.21 11:45

きょうやん、こんばんは。

手軽に昭和のウルトラシリーズのハイライトが楽しめるDVDでした。

ジラース、見たまんまゴジラやもんね。名前の(ゴ)ジラースやし。東宝→ウルトラシリーズでは、「キングコング対ゴジラ」のキングコングの着ぐるみがQのゴローに使われたらしい。

ボーグ星人、ウルトラセブンの「サイボーグ作戦」に出てた甲冑星人ですよね。西洋の中世の騎士そのまんま。(サイ)ボーグと防具をかけたんでしょうね。

投稿: じんきち | 2006.01.21 19:39

なるほど、トライアルエディションてそういう意味ですか。クラシックの名盤から一曲ずつ寄せ集めた入門編みたいなもんですかね。ウルトラマンでそんな商品が出てくるとは。

投稿: Gpan | 2006.01.29 17:42

ここまでウルトラマンが増殖してきたら、「何から見ればええんや。」ってことになるのかもしれません。どんなものでも歴史ってほどのものが生まれてくると、敷居が高くなってくるんでしょうね。

投稿: じんきち | 2006.01.29 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/8182850

この記事へのトラックバック一覧です: DVD ウルトラシリーズ トライアルエディション:

« 這い上がれない未来 | トップページ | 郵便局 »