« 映画 69 sixty nine | トップページ | TAMIYA 1/48 III突B型 組立 »

2006.01.01

初日の出 明石海峡大橋

DSCF0002dscf0005_mini  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

例年通り大晦日は格闘技を存分に堪能した後、元旦の午前1時頃に早めに就寝。元旦の朝は5時半に起床。6時に朝霧の「たつの湯」着。辺りはまだ真っ暗だけど、初日の出目当てのクルマが道路いっぱいにあふれ出している。「たつの湯」の駐車場も7割方埋まっていた。

脱衣場も結構混んでいたけれど、浴場はそれいじょうに満席状態。湯船につかるだけでも、「ちょっとすみません。」状態。

日の出の時刻は7時過ぎと新聞で読んだので、風呂から上がった6時半から半時間少しかけて持ち込んだ日経と神戸新聞を読む。雑誌並の分厚さ。所詮、飛ばし読みだけど、それでも読み応え十分。

7時過ぎ、いよいよテラスへ。大蔵海岸越しに明石海峡大橋を一望するテーブルへ。橋を眺めるが、どう見ても10台程度しかクルマは走っていない。これじゃ建設資金の償還は厳しいどころじゃないよな。ランニングコストの回収さえままならぬと感じた。そのとき、関空か伊丹から飛び立ったと思われる1番機が西へ飛んでいった。きっととても綺麗にご来光を拝めたことだろう。・・・一方、地上では晴天なれど水平線あたりだけ雲が立ち込め、「その瞬間」は見られず。ここ数年、曇りがちの初日。

心の中の初日を楽しんだ、ってことにして「たつの湯」を退却。その後、枝吉城址の神本(こうのもと)神社に初詣、見晴台の木漏れ日としての初日の出を改めて仰いだ。

写真は、左が初日の出リアルタイムの「たつの湯」テラスから大蔵海岸、明石海峡大橋越しに臨む初日。右が枝吉城址見晴台から木陰越しに望む7時半ころの初日。爪楊枝のように見えるもののうち、片方が明石海峡大橋の本州側橋脚。

ことしこそ、いい年になりますように。

|

« 映画 69 sixty nine | トップページ | TAMIYA 1/48 III突B型 組立 »

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: Mizo | 2006.01.02 22:43

Mizoさん

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

投稿: 凡太郎 | 2006.01.03 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/7938298

この記事へのトラックバック一覧です: 初日の出 明石海峡大橋:

« 映画 69 sixty nine | トップページ | TAMIYA 1/48 III突B型 組立 »