« 10年後の日本 | トップページ | 他人を見下す若者たち »

2006.02.21

永ちゃん 俺たちはもう一度走れるだろうか

永ちゃん 俺たちはもう一度走れるだろうか リンク先では少し下にスクロールしてください。

いよいよ今度の日曜(2月26日)のNHKスペシャルです。「功名が辻」が終わってもチャンネルはそのまま。

ちなみにNHKに送られた500通のメールのうちの1通は私からのものです。その昔、自らのクビを賭けてキャロルの特番を放送したNHK職員がいたそうで。実はNHKにもヤザワ・フリークが多い、とみているのは私だけではないと思っています。

肖像権に関わるから今回は写真なし。

|

« 10年後の日本 | トップページ | 他人を見下す若者たち »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私も予定表に書き込んでおくことにします。
重松さんも私には最近気になる人です。

投稿: Mizo | 2006.02.21 12:33

重松さんは、中学時代からの筋金入りのバリバリの永ちゃんファンです。テレビでボロボロになった「成りあがり」を手に熱く語っておられたこともあります。あなたの1冊、みたいな番組でした。
最近は、雑誌で永ちゃん(ファン)関係の記事が特集される際には大抵登場しています。
ちなみに私、重松さんと同い年です。

投稿: 凡太郎 | 2006.02.21 22:19

重松さんを知ったのは確かNHKで放送された若者と対話する番組ではなかったかと思います。ニートの話題だったような。
表情は常に冷静沈着なのですが、眼光が鋭いのが印象に残っています。
実はまだ著書を読んだことがありません。凡太郎さんのお奨めの本はありますか?

投稿: Mizo | 2006.02.21 23:10

えらそうなことを書いていますが、私自身、読んだことがあるのは何かの賞(直木賞?)をとられた「ビタミンF」だけです。
「エイジ」と「流星ワゴン」は立ち読みでパラパラと見たような。定番では「定年ゴジラ」でしょうか。
あと、同窓会がきっかけで過去と現在を行ったり来たりする話が面白そうだと感じたことはあります。(何のことかわかんないですね。)

投稿: 凡太郎 | 2006.02.22 17:34

とりあえず「ええぃ、これだ!」と当てずっぽうで1冊注文しました(^^ゞ

投稿: Mizo | 2006.02.22 20:31

まだ読んだことはありませんが、「ええぃ、これだ!」、当たってると思います。いかにも重松さんらしいタイトルですし。

投稿: 凡太郎 | 2006.02.24 00:38

今番組が終わりました。
私は音楽を聴かないのですが、熱いですねぇ、矢沢永吉。
月曜日からまた頑張らんと!

投稿: Mizo | 2006.02.26 21:53

Mizoさん

ご覧いただきありがとうございました。熱いでしょ。コアファンも熱いオッサン(オネエサマ)ばっかですよ。
でもホントに永ちゃんが凄いのは、ただ熱いだけじゃなくて、「何事も自分自身の手で熱いか冷たいか確かめて、自分自身のアタマで考えて行動に移す。」点にあります。TVではライブのon stage部分しか映していませんでしたが、リハから何から全て自分自身で全チェックです。人任せにせず、何から何まで全部ひっくるめて責任を取る姿勢が徹底しています。

私は仕事の上では、完璧なクオリティよりもチームメンバーのメンタリティを優先することが多いのですが、「自分で経験して、自分のアタマで考える。」ことだけは実践しているつもりです。うるさいワガママなオッサンやと思われているかも知れませんし、ムダに現場へ行きたがるととられているかもしれませんが、これだけは譲りたくないと考えています。

投稿: 凡太郎 | 2006.02.27 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/8762919

この記事へのトラックバック一覧です: 永ちゃん 俺たちはもう一度走れるだろうか:

« 10年後の日本 | トップページ | 他人を見下す若者たち »