« 白夜行 その1 | トップページ | ミリオネーゼ? »

2006.02.05

厄あけ

長かった三年間の厄が、おとといの節分でようやく明けました。

多くのSNSでも、昭和38年(1963年 うさぎ)生まれの人たちのコミュニティでは、「やれやれ」って話題で持ちきりのようです。もっとも男性だけですが。入れ替わりに昭和41年生まれの男性の方々は前厄に突入されたわけで。

この三年間、日本国民としての平均値程度には悪いこともあったでしょうし、反対にイイコトだって結構あった。良くも悪くもいろいろとあった3年間でした。ただ、確実に歳をとった。自覚がある程度に歳をとった。無理がきかないってことを前提に、自己(とその周辺の)管理がこれまで以上に必要になってきていると感じています。

|

« 白夜行 その1 | トップページ | ミリオネーゼ? »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厄あけ:

« 白夜行 その1 | トップページ | ミリオネーゼ? »