« 道路の決着 | トップページ | キャリア転機の戦略論 »

2006.04.19

ウルトラ・ダラー

0265109000001 ウルトラ・ダラー 手嶋龍一 新潮社 ¥1,575

著者は、前NHKワシントン支局長。9.11の報道をはじめ、ホワイトハウスがバックに写った著者の映像を2チャンネル(東京では1チャンネルなのか。)で見た向きも多いと思う。

タイトルから想像できるとおり北鮮モノです。拉致とスーパーKをはるかに凌ぐ偽札を結びつけるアイデアを、ぐっと膨らませる。何より、・・・以下、箇条書き。

  • 主人公と目される人物の設定が秀逸。
  • ギャラリーフェイク的な薀蓄というか、文化的なもの全般に関する造詣の深さに感じ入る。
  • すなわち、ディテールの凄さ。そして、肝腎なところでは現実から、ちょっとずらせてあるらしい。

 この本の書評は、今月号の「文藝春秋」P380、381に掲載されている「起訴休職外務事務官」の佐藤優氏(ムネオ事件のあの人です。)のものがとても印象的だった。

|

« 道路の決着 | トップページ | キャリア転機の戦略論 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/9660880

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラ・ダラー:

« 道路の決着 | トップページ | キャリア転機の戦略論 »