« 史記 3 | トップページ | 史記 1 »

2006.05.28

いまこそ地域力!

317140092 いまこそ地域力! チーム東灘/高橋佳子 神戸新聞総合出版センター ¥1,470

 副題に「神戸・東灘区のまちづくり最前線」とあります。いただきものの本なのですが、いただいて2週間ほど読まずに過ごしてしまい、日帰り出張の新幹線の中で読了。いや、たいへん面白かった。目次を読んだところでは、種々雑多なコミュニティの活性化の取り組みが並んでいるだけなのですが、一つ一つのネタが一つ残らず熱い。

 高橋さんはチーム東灘なる神戸市東灘区役所職員有志の代表であった方で、前東灘区長でもある。今は神戸松蔭女子学院大学の教授。

 東灘区は神戸市の東の端にある区で、東は日本一ひとり当たりの個人住民税の納付額が高いと言われる関西一の高級住宅地を擁する芦屋市、西は文教地区と下町双方の顔がある灘区(広域暴力団山口組の総本山としても有名)に挟まれた、イメージ的には歴史のある閑静な高級住宅街といった土地柄でした。それが、阪神大震災で一変。現在では震災前を上回る19万人の人口となっているが、震災では2万戸以上が全・半壊、1,471名もの死者を出した。マスコミでは長田区の空襲後さながらの赤茶けた焼け野原の映像が繰り返し流されたが、活断層に沿って東の端の東灘区も凄まじい状況だった。一旦、減った人口が再び増加したが、高層マンションの林立により、その住民は4割が入れ替わった。大阪のビジネス街へ20~30分という利便性と地域のブランド性が好まれたようだとのこと。私自身、現在は神戸市の西の端の西区に住んでいるけれど、生まれ育ったのは灘区だった。小中学校を地元でない東灘区の学校に通ったこともあり、自宅のある六甲周辺より御影、岡本の辺りの方に高級感、静けさを感じて、もし市の東に戻れるなら、御影、岡本あたりに憧れを感じてしまう。

 そんな東灘の今を巡る熱い取組が、失敗の告白も交えて連続して打ち込まれてきます。詳細は触れませんが、コミュニティ活動で悩んでおられる方、これから定年を迎えコミュニティ・デビューとなる団塊世代の方にはとても刺激的で示唆にとんだものとなるでしょう。

 

|

« 史記 3 | トップページ | 史記 1 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

え~、下町の方で育ちましたMizoにございます。(^^ゞ この本は興味深いですね。とりあえずamazonのカートに納めておきました。
阪神御影もけっこういいですよ。酒造業の街という独特の雰囲気が好きでした。
実家のある六甲道、ほんと~~に変わってしまいました。便利と言えば便利なんですが。
昔大学に行くのに歩いた道も区画整理で無くなってしまった!

投稿: Mizo | 2006.05.28 23:38

「くるくるバス」ってこれのことかなぁ。
通勤時NHKラジオを聴きながら歩くのですが、たまたま東灘区の山の手(御影山手か住吉山手)で、住民達が動いてコミュニティバスを走らせることに成功したという話を知ったのです。
地域振興の補助金を使ったのです。

投稿: Mizo | 2006.05.29 21:39

連続の書き込み、ありがとうございます。
「くるくるバス」、Mizoさんのおっしゃるとおりのものです。ここの下り、読んでいてジーンとくるものがありました。ほかにも、表現はあっさりしていても感動するエピソードがたくさんありますよ。

投稿: 凡太郎 | 2006.05.30 00:43

「1,470円だと配送料かかってしまうやんか」と思っていたところ、ジュンク堂書店(池袋店)に在庫発見!ジュンク堂偉いぞ!
空いた時間で見に行ってみます。

投稿: Mizo | 2006.05.30 12:29

いやぁ、よかったですね。
文句を言いつつも、昨日、ワタシもジュンク堂大阪店で買い物してしまいました。

投稿: 凡太郎 | 2006.05.31 01:23

昨夜のうちに本書購入してきました。
読みかけの本がたまってきて、収拾がつかなくなっています(^^ゞ

投稿: Mizo | 2006.05.31 07:03

 私の読みかけ長編群:
「徳川家康」、「ローマ人の物語」、「ハリーポッターと謎のプリンス」、「ナルニア国物語シリーズ」などなど。

 模型マニアは、ごく普通の人でも一生かけても作りきれないほどの在庫を抱えております。100個や200個は当たり前、一部屋埋めている人も結構いるみたいです。

 この流儀でいけば、読みかけの本が1万冊未満なら、気に病むことはなさそうです。

 最大の関門は、こんな流儀を是とするかどうかですが。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.01 00:48

う~ん、これはとてもかないません・・・(;^_^A

投稿: Mizo | 2006.06.01 07:14

積ん読ってのもいいじゃないですか。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.01 08:15

「御影」「岡本」が非常に強いブランド力を発揮している一方、住民の4割が入れ替わるという激変。東灘の苦悩がうかがい知れました。
私も東灘に住みたいですが、将来は「すべてが不確か」です。

投稿: Mizo | 2006.06.10 21:10

六甲で生まれ育ちましたが、私も御影、岡本に魅かれているクチです。10年前に立てた予定では既に引っ越しているはずだったんですが。
将来は「すべてが不確か」だからこそワクワクするんでしょうね。不確か=可能性ともいえるかもしれませんね。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.11 08:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/10283262

この記事へのトラックバック一覧です: いまこそ地域力!:

« 史記 3 | トップページ | 史記 1 »