« 初講義 | トップページ | 夕張市、自主再建断念 »

2006.06.18

ANJO 事実上の倒産?

ANJOインターナショナルが、事実上の倒産か、と思われる記事が載っていた。

 すでに半月以上たった話題なので、米国公認会計士試験の受験関係者の間では沈静化した話なのかもしれないが、ひところの新聞、雑誌等の威勢のよい広告からは想像すらできない急展開。代表者もプロレスラーの安生洋二氏の実兄とは別の名前になっている。試験制度の変更のインパクトが大きかったようだが、J-SOX対応等でこういったビジネスからアウトプットされる人材の需要が伸びる余地もあるだけに残念と言うか、意外だった。資格ビジネスでは、行政の制度変更の可能性が、重要なビジネス・リスクであることを如実に示す事例となったように感じる。一つの時代が終わりつつあるということか。

|

« 初講義 | トップページ | 夕張市、自主再建断念 »

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

MBAを取得し会計・ビジネス単位を相当数とった上でCPAを狙うのなら正攻法であり歓迎すべきです。米国では医師になるのにメディカルスクール、弁護士になるのにロースクール卒業が必須ですから、CPAになるのに150単位以上取得など受験条件が厳しくなるのは当然です。CPAと関係のない学部を卒業し経理財務の実務経験なしでCPAなどとは失笑モンでしょう?そんなトリッキーな経営戦略に社会がお灸をすえたのです。

投稿: CFO | 2006.06.20 20:44

ニッチな裏ワザを伝授します風でとどめておけばよかったものを、メジャーを目指したばかりに身動きがとれなくなってしまったんでしょうね。
小規模なままなら軌道修正しながらでも生きながらえることができたかもしれない、といった点では村上Fと似たようなものを感じてしまいます。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.21 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/10571835

この記事へのトラックバック一覧です: ANJO 事実上の倒産?:

« 初講義 | トップページ | 夕張市、自主再建断念 »