« あとは(もう一度)奇跡を祈るだけ | トップページ | 今週号の「東洋経済」Web2.0 »

2006.06.20

ル・マン アウディがディーゼルで優勝

Img3_20060619_172029_2_l1 ル・マン アウディがディーゼルで優勝

ヨーロッパでは、ディーゼルは環境に優しい技術という理解が多数派なようですが、そういった背景を考え合わせても、これは偉業以外の何物でもないだろう。

ガラガラ鳴らしてるディーゼルで、フェラーリを抜けるか?それをアウディが成し遂げたってことなのか。

だから、ル・マンは最高に面白い。

|

« あとは(もう一度)奇跡を祈るだけ | トップページ | 今週号の「東洋経済」Web2.0 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ガソリンエンジンの方が効率がいいのでは?と思ったのですが、手元の本を読むとディーゼルエンジンの方が熱効率が高いと書いておりました。
これは勉強になりました。

投稿: Mizo | 2006.06.20 06:56

さっき教えていただいたばかりなんですが、ガラガラ鳴ってるトラックタイプのディーゼルとは異なる「コモンレール方式」だそうです。今日発売の「東洋経済」に、ホンダがこの方式で米国市場において「打倒プリウス、打倒トヨタ」を目指すそうです。
ちなみに、この東洋経済、おやじにもわかるWeb2.0が特集です。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.21 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/10600783

この記事へのトラックバック一覧です: ル・マン アウディがディーゼルで優勝:

« あとは(もう一度)奇跡を祈るだけ | トップページ | 今週号の「東洋経済」Web2.0 »