« ル・マン アウディがディーゼルで優勝 | トップページ | フラット化する世界 (下) »

2006.06.21

今週号の「東洋経済」Web2.0

H200606241  読者をちょっとばかりバカにした内容です。中学生か高校生向けみたいな書き方。少しやりすぎ。

これ1冊で充分!
35歳からの「Web2.0」
「Web2.0」で世界はこんなに変わる
特別講義1 梅田望夫/ミューズ・アソシエイツ社長
エリートサラリーマンよりも主婦のほうが「Web2.0」を理解している
特別講義2 羽生善治/棋士
「将棋上達への高速道路が通った。でも、そこを走るのは人間ですから」
特別講義3 野口悠紀雄/早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授
日本企業はウェブの怖さに気づいていない
 
話題のプレーヤーたちが徹底解説
「Web2.0」を読み解く7つのキーワード
1時限目 グーグル
村上憲郎/グーグル日本法人社長
ヤフーはデパート、グーグルは案内書です
2時限目 ロングテール
ジャスパー・チャン/アマゾン ジャパン社長
アマゾン流の極意。少量を少数に売る
3時限目 SNS
田中良和/グリー社長
ネットで恋愛して友達もつくる時代
4時限目 CGM
津田全泰/フォートラベル社長
利用者がみんなで作る消費者発信型メディア
5時限目 SaaS
服部恭之/コネクティ社長
ソフトは買うのでなく月額で借りる時代です
6時限目 マッシュアップ
川崎裕一/はてな副社長
新しいウェブサービスのキーワードは「ごちゃ混ぜ」
7時限目 ポスト2.0
伊藤穰一/ネオテニー社長
米国では株価10倍に、「2.0」はすでにバブルです
あの注目企業の「Web2.0」度を独自採点!
本誌だけが知っている「Web2.0」企業 全30社リスト
インターネットの聖地を行く
シリコンバレーのみなさん、「Web2.0」をどう思いますか?

|

« ル・マン アウディがディーゼルで優勝 | トップページ | フラット化する世界 (下) »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

webは日常的に使っておりますが、正直告白しますと「web2.0って何?」状態です。2.0があるということは、1.*もあったんですよねぇ・・・

投稿: Mizo | 2006.06.21 06:33

どうやら今が1.0ってことらしいです。とりあえず、ブログにEchooやmixiやってたら、Web2.0に近いトコにはいるそうです。ということで、mizoさんもワタシもかろうじて1.7とか1.75くらいにはいるんじゃないでしょうか。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.22 00:06

Wikipediaで調べましたが、「Web2.0」って相当漠然とした概念なんですね。

投稿: Mizo | 2006.06.22 06:42

イメージ先行ですよね。Wikipediaそのものも2.0に近い存在だそうですが。

ちなみにMizoさんに推薦を受けた「数式を使わないデータマイニング入門」では、Web2.0を「ネットワークにおける相互運用性、相互参照性が高まり、不特定多数が簡便にサービスを提供/享受できる状態」とありました。この定義、シンプルでとてもわかりやすいと思いますが、いかがでしょうか。ちょっと言い切りすぎ、って気がしないでもありませんが。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.23 00:03

恥ずかしながら、自分で推薦しておきながら、まったく忘れておりました。

投稿: Mizo | 2006.06.23 07:29

いえいえ、同じ本を2冊買うよりずいぶんマシです。

投稿: 凡太郎 | 2006.06.23 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/10615256

この記事へのトラックバック一覧です: 今週号の「東洋経済」Web2.0:

» 夜明けは近い。今、まさに時を迎えようとしている [WEB進化で変わる未来予想図]
●多数派が動く (2006/6/26更新) 週間ダイヤモンドで「やさしいウェブ講座」なる特集が組まれた。 週間エコノミストでも「ウェブ2.0 ビジネス革命」という特集が組まれた。 東洋経済でも「35歳からの「Web2.0」」という特集も組まれた 先日、日経新聞でのグー...... [続きを読む]

受信: 2006.06.26 22:05

« ル・マン アウディがディーゼルで優勝 | トップページ | フラット化する世界 (下) »