« トカゲの尻尾切り | トップページ | 一番やさしい地方自治の本 »

2006.07.30

ゲドより 映画

「映画 ゲド戦記」

 昨日のレイトショー(終了は午前零時)の「日本沈没」に続き、今日正午からの「ゲド戦記」に行ってきました。昨日同様、満席。ネットでチケットを購入しておいたので、待たずに入れたのですが、窓口は長蛇の列。割引を受けるためには窓口で並ぶしかないのでしょうが、30分も待つ気にはなれないし、そもそも並んでも見れるかどうかの確信すら得られないのでは・・・、と思うのですが、それでも並んでおられるのはどういったお考えからなのか首を捻ります。もっとも人様のご判断と行動ですから、これ以上、とやかく言う気はないのですが、私にはとても解せない行動パターンです。Gedo

 で、「ゲド戦記」です。宮崎Jr.は、オヤジの推薦であるとか、自ら手を挙げてとかで、監督を務めたわけではないようです。プロジェクトを進めるうちに、そのような収まりになったようで、カントクというよりプロジェクト・リーダーといった風だったのではないでしょうか。

 原作は2巻までしか読まないまま臨んでしまったのですが、映画はあえて原作に照らすと第3巻に当たります。ネット上の評判は、さんざんなようですが、「ゲド戦記」とは別の”ゲド戦記”という名前のエイガとして見ると納得できるのではないでしょうか。絵のテイストは、「もののけ姫」ぽいですし。これは、オヤジ宮崎の申し入れを断ったル・グウィンが、「もののけ姫」を見てオヤジ宮崎にカウンター・オファーをかけてきたことと関係あるのかもしれませんが、露骨なまでにキャラクターの雰囲気を似せているように感じました。

 許容範囲の広い私としては、「いいと思うけどなぁ。」と感じています。ただ、この映画だけを観て、「ゲド戦記ってこういうもんなんだ。」と受け止める方が大勢生まれるであろうこ200607050000001insert_11 とを思えば、ずいぶん罪作りな映画であるとは思います。

|

« トカゲの尻尾切り | トップページ | 一番やさしい地方自治の本 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

デジタルデバイドがここにも如実に表れていますね。ネットでさくっと先を抑えて涼しい顔して映画館に並ぶ人もいれば、長蛇の列に並ぶモノだと思い込んでいる人もいる。

う~ん、DVDレンタル開始まで見送りか?子供にはまず「CARS」をみせてあげたいと思っていますし。

投稿: Mizo | 2006.07.30 17:32

話題作の封切と夏休み最初の週末と言うこともあってか、大久保のシネコンも深夜、日中を問わず、異常な混雑でした。

窓口は4つほどありますが、200人以上の長蛇の列。一方、ネット用の端末は2つですが、自分自身以外の利用者を見かけたことは一度だけです。普段から何気なく使っているものを、全く使ったことがない方が大勢おられる。こうしてネットに浸っていると、デジタル・デバイドが存在していることすら忘れてしまう。Mizoさんのコメントに「ハッ」とさせられました。

MizoさんのところはCarsですか。わが家は「ポケモン」、今年はマナフィだそうです。

投稿: 凡太郎 | 2006.07.31 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/11152416

この記事へのトラックバック一覧です: ゲドより 映画 :

« トカゲの尻尾切り | トップページ | 一番やさしい地方自治の本 »