« 今月(10/2006)の文藝春秋 | トップページ | 「ちきゅう」と彗星一一型 »

2006.09.10

本日の大蔵海岸

Dscf0004_miniDscf0001_mini  昨日は、午後2時頃から3時頃まで晴天下で過ごしたのですが、今日は妖しげな雲行きのの下、1時前から2時前まで。昨日は一人。今日は次女と。行き交うフネの風情を収めるべくVTRを持ち込んだのですが、パノラマの迫力はなかなか録れませんね。

もともと風が強い日だったのですが、嫌な気配がするほどにより強くなり退散。周りを見渡すと同じように感じた家族、カップル達が引き上げ中。でも、そんな中でも逆にやってくる家族があったりして・・・不可思議なもんです。

写真のうちの1枚は、まさに土砂降り中と思われる対岸の淡路島。

その後、次女と二人で久しぶりにTSUTAYAに向かったのですが、道半ば辺りでバケツをひっくり返したような激しい雨。ワイパーを「強」(って書いてはありませんが。)にしても、前が見えない。駐車場にとめたところ、フロントガラスは洗車中状態のように滝が流れていました。TSUTAYAを出る頃には、しとしと降りになっていましたが、あのまま海岸に残っていた人たちはどうなったことやら。

|

« 今月(10/2006)の文藝春秋 | トップページ | 「ちきゅう」と彗星一一型 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/11847040

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の大蔵海岸:

« 今月(10/2006)の文藝春秋 | トップページ | 「ちきゅう」と彗星一一型 »