« 新・経済原論 | トップページ | タグボート »

2006.09.17

He100

F-toysのハインケルHe100。1/144。

 Me209とのスピード競争に僅差で敗れた幻の戦闘機という印象しかない機体でしたが、主翼も含めた全身にラジエーターをまとっていたと知って仰天。ちょっと被弾しただけでエンジンが焼け付く?Me209も実用性まるでなしのレーサーですが、見た目まともそうなコイツもいい勝負。悲劇の戦闘機なんて同情することもないのか。

He100

ちょっとどころかメチャぴんぼけですみません。

|

« 新・経済原論 | トップページ | タグボート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

コメント

 この飛行機がお気に入りなので、少しだけコメントを。
 主翼の蒸気表面冷却システムは、被弾しても通常のラジエーターよりも水分の損失は少ないそうです。
 引込式の予備ラジエーターが有るので、被弾しても帰還することは出来ると思います。
 不採用になったのは、予定していたエンジンの供給が受けられなかった為です。
 それから、そもそも冷却器そのものが元々着いていない(つまり搭載した水を使い切ったら終わり」の)Bf209と同列に扱うのは勘弁してください。

投稿: He113 | 2010.09.06 01:43

He113さん、こんにちは

丁寧なフォローをしていただきありがとうございます。また、愛機(?)をけなすような不明なコメントを付してしまい、お詫びいたします。画期的な技術を身にまとった機であったわけですね。

投稿: 凡太郎 | 2010.09.08 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/11931755

この記事へのトラックバック一覧です: He100:

« 新・経済原論 | トップページ | タグボート »