« 賛否両論 千葉県の新しいロゴ | トップページ | 民営化という名の労働破壊―現場で何が起きているか »

2006.11.12

神様からひと言

433473842701_aa240_sclzzzzzzz_1 神様からひと言 荻原浩 光文社文庫 ¥720

 銀行をリストラされタクシー運転手に転職した男の学生時代への切ない想いを綴った「きのうへドライブ」を読んだのが、今年の年初。「僕達の戦争」をTVで観たのは、初秋。

 この本は家内が買ってきたものを盗み読み。「松子」に続いて、このパターンはちょくちょくあります。

 この方の本はフィクションでありながら、徹底したディテールにこだわった業界ネタが基礎にあり、ノンフィクション部分だけでも1冊ぐらいは出来上がりそうな薀蓄がつまっています。今回は、ラーメン(即席、専門店とも)、広告代理店。コミカルに仕上げてあるので、テンポよく楽しめます。Amazonの書評でも、「こんな面白いの久しぶり」といった書き込みがあり、素直に同感できます。

 書名とカバー写真のイメージは、ストレートに内容には繋がらないのでご留意。

|

« 賛否両論 千葉県の新しいロゴ | トップページ | 民営化という名の労働破壊―現場で何が起きているか »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

なかなか読まれている本が鋭いので、参考になります。中のコメントも共感を呼ぶ内容ですのでまた伺わせていただきます。

投稿: 隣のトトロ | 2006.11.12 22:38

隣のトトロさん

ご関心を寄せていただいてありがとうございます。お褒め頂くような定見を持って読書に臨んでいるわけではなく、支離滅裂な「乱読」です。自分自身を束縛するようなルールなぞ設けず、読みたいものを好きなように読むこと自体を楽しんでおります。こんな調子でよろしければ、また覗いてやってください。

投稿: 凡太郎 | 2006.11.12 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/12661362

この記事へのトラックバック一覧です: 神様からひと言:

« 賛否両論 千葉県の新しいロゴ | トップページ | 民営化という名の労働破壊―現場で何が起きているか »