« RAINBOW 15 | トップページ | ローマ人の物語 15 16 »

2006.11.05

自治体破たん・「夕張ショック」の本質

487555476101_aa240_sclzzzzzzz_v39678745_ 自治体破たん・「夕張ショック」の本質 橋本行史 公人の友社 ¥1,260

 地方自治ジャーナルブックレットのNo.42。このシリーズの体裁ゆえ薄い本ですが、それゆえコンパクトにまとめられていて読みやすいというわけです。

 副題に「財政論・組織論からみた破たん回避策」とあります。前半は、赤池町を含む福岡県田川郡4町(かつて財政再建団体であった。)の比較財政分析などに費やされていますが、4町長のリーダーシップ分析があったり、M・ウェーバーにとどまらずミンツバーグが引用されるなど経営学を修めた方(著者は大学教授であり、経営学博士でもあります。)ならではの、幅広く多面的な切り口がみられます。

 後半、夕張市の分析、追跡に紙幅が費やされますが、「財政指標は、なぜ、機能しないのか」、「ガバナンスの機能不全」、「教訓」など、考えさせられます。

|

« RAINBOW 15 | トップページ | ローマ人の物語 15 16 »

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

人口減少、都会への人間移動、産業の衰退と、地方にとっては明るい話題がほとんどありませんね。
特に大学進学が、都会への指向、移動に大きく貢献しているような気が。
地方切り捨てはこれからも進行していくような気がします。

投稿: Mizo | 2006.11.06 22:42

団塊の世代の方々がどう動くかで、都会と地方のあり方は大きく違ったものになるでしょうね。ひとことで「地方」とひと括りにするわけにもいかないでしょうし。

投稿: 凡太郎 | 2006.11.06 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/12569710

この記事へのトラックバック一覧です: 自治体破たん・「夕張ショック」の本質:

» 「全国最低の暮らし」の設計――。 [非国民通信]
夕張市、再建へ「全国最低」迫られる 職員給与、補助… 「総務省が言うのは、とにかく全国の最低レベルで行けということ。病院を診療所にするとか、給料を最低にとか、学校を最小にするとか」  これもまたひどいニュースです。そりゃまあ夕張市の財政運営に問題があって、そんな自治体を投票で支持してきた人にも問題がないわけではないのでしょうが、この仕打ちはあまりにもひどい。 「今の生活保護は本当に最低のところまで落ちない... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 00:04

» なぜ、あの会社は儲かるのか? (単行本) [速読 & 読書 感想文]
会計と経営戦略を見事にマッチングさせて企業の儲けの構造を見事に・・・ [続きを読む]

受信: 2006.11.07 13:10

« RAINBOW 15 | トップページ | ローマ人の物語 15 16 »