« オルセー美術館展@神戸市立博物館 | トップページ | いいもん見せてもらいました。 今夜のK-1 »

2006.12.02

旅のラゴス

M00410898011 旅のラゴス 筒井康隆 新潮文庫 ¥460

 「パプリカ」に続き筒井作品。地理的な意味でも、人生になぞらえる形においても「旅」がテーマ。青年からまさに末期の直前までの波乱万丈の一代記。その舞台は、遠い彼方のどこかの星。あえてジャンル分けすればファンタジーなんだろうが、今年読んだ本と比べても、例えば「ゲド戦記(特に1巻以外)」や「ブレイブ・ストーリー」よりも筒井作品であるという点を割り引いてもワタシにとっては感銘深かった。筒井作品にありがちな実験的要素が全くといっていいほどなく、いわゆる正統派ファンタジーである。恐らく70冊以上読んできた私にとっても、作者名を伏せられたなら筒井作品とは見破れなかっただろうと感じた。海外作品と答えてしまっていたのではないか。それほど懐の深い作家、作品であるということだろう。これは、ワタシの独りよがりでなく、YAHOOの書評でもはっきり見てとれる。やはり天才だった。昭和61年の作品。

|

« オルセー美術館展@神戸市立博物館 | トップページ | いいもん見せてもらいました。 今夜のK-1 »

「心と体」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/12907830

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のラゴス:

« オルセー美術館展@神戸市立博物館 | トップページ | いいもん見せてもらいました。 今夜のK-1 »