« NHKラジオドラマ 「おじいさんのランプ」 新美南吉 | トップページ | 本年の自衛隊カレンダー »

2007.01.06

華麗なる一族 下

410110414x09_aa240_sclzzzzzzz_1 華麗なる一族 下  山崎豊子 新潮文庫 ¥780

 ようやく読み終えました。耳にはしていましたが、悲惨な結末。三子がいないところを除くと設定は原作とほぼ同様のようですが、はてさてTVドラマではどのような筋立、クロージングになるのか。それにしても、鉄平(鉄屋)、銀平(バンカー)に、一子、二子とは、とことん分かり易い設定にこだわったということでしょうかね。

|

« NHKラジオドラマ 「おじいさんのランプ」 新美南吉 | トップページ | 本年の自衛隊カレンダー »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/13351053

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる一族 下:

» 華麗なる一族 金融の影を描く 木村拓哉がドラマ出演決定! [ハムりんの読書 感想日記 おすすめの本]
華麗なる一族  感想☆☆☆☆☆ 山崎豊子 新潮社  銀行、官僚、閨閥。  昭和の日本の高度成長の陰で進んだこの三つ巴の陰湿な戦いを、  山崎さんらしい きめ細かい取材と記述でリアルに進めています。  一読すると、神戸銀行と太陽銀行の合併をテーマにしたのか、  と思いますが、ただの偶然だとか。  リアルな設定ですが、  はっきりしたストーリーを持つあらすじ、  そして登場人物の対立構図は  「白い巨塔」なみに鮮明なので、ぐんぐん引き込まれます。... [続きを読む]

受信: 2007.01.06 17:59

» 「白い巨塔」 [ドラマ!あの素晴らしいドラマを、もう一度。]
放映前期待度:どどーんっ★★★★★いーの、いーのよっ。この俗物がっ!でも、この尻軽ミーハー女っ!でも、何とでもおっしゃっていただいて結構よっ。だってだって、今クールいっちばん楽しみにしてるのは確かなんだもぉーん...... [続きを読む]

受信: 2007.02.02 22:49

« NHKラジオドラマ 「おじいさんのランプ」 新美南吉 | トップページ | 本年の自衛隊カレンダー »