« 七草粥 | トップページ | TVドラマ 白虎隊 »

2007.01.07

いよいよ「風林火山」

Photo 今夜から始まった今年のNHK大河ドラマ「風林火山」。泥臭く、小汚い場面から始まりましたが、逆にそこがエネルギッシュで何でもアリといった時代感を生んでいるようで期待したいところです。隻眼で歩行にハンディキャップを伴うとはいえ、イケメンの内野勘助。風貌だけ捉えれば、ちらと出てきた「きたろう」の方がはまり役のような気がしないでもありませんが、そこはテレビ的な見栄え優先か。それにしても「乱取り」という略奪ぶり、いささかも文明の匂いがしない時代ですね。

ウラではガトリングガンがうなりをあげ白虎隊がクライマックスを迎えようとしているところでもあり、退屈しない一夜となりそうです。

|

« 七草粥 | トップページ | TVドラマ 白虎隊 »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/13373881

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ「風林火山」:

» 風林火山〜第1話・隻眼の天才軍師登場! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山、2007年の大河ドラマもスタートしましたが、予想以上の出来で驚きました。去年の功名が辻など、近年大河ドラマは現代的風味も加えたものも多かった気がしますが、この風林火山はまさに時代劇といった感じで、見ごたえがありそうです。主役の内野聖陽が武田信玄、伝説の軍師・山本勘助を演じています。(風林火山、第1話・隻眼の男の感想、以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2007.01.08 00:57

« 七草粥 | トップページ | TVドラマ 白虎隊 »