« 名探偵コナン 紺碧のジョリー・ロジャー | トップページ | ビジョナリー・ピープル »

2007.04.30

パラレルな世紀への跳躍

51v6yn2aqil_aa240_1 パラレルな世紀への跳躍 太田光 ¥580 集英社文庫

 時代の寵児か反逆のカリスマか。そんなたいそうな肩書こそ不似合いなオトコ。今から3年ほど前の連載をもとにした模様のエッセイ集。もっとも、2,3本に1本は、デッチ上げのネタが紛れているので、眉間に皺を寄せて読むと肩透かしを食らう。

 一時期、表舞台からまったく姿を消してしまった「爆笑問題」。あんなに面白い漫才師なのに、なんで出てこないのか、いわゆる「事務所の力」ってそら恐ろしいものがあるんやな、と若い頃の私は感じたものでした。

 群れることを生理的に受け付けず、集団行動を取れないそれでいて演出にココロを惹かれる屈折したオトコ。少なからぬ方が、己の中に小さな太田光を見出すのではあるまいか。

|

« 名探偵コナン 紺碧のジョリー・ロジャー | トップページ | ビジョナリー・ピープル »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/14902296

この記事へのトラックバック一覧です: パラレルな世紀への跳躍:

« 名探偵コナン 紺碧のジョリー・ロジャー | トップページ | ビジョナリー・ピープル »