« ハンニバルライジング(下) | トップページ | パラレルな世紀への跳躍 »

2007.04.22

名探偵コナン 紺碧のジョリー・ロジャー

10016531 名探偵コナン 紺碧のジョリー・ロジャー

 今週は土日とも仕事。いずれも日帰り出張。でも、子供との約束はそれはそれ。夜の上映回を観にいってきました。毎度、このシリーズを観て感じることは、子供向けを装ってはいるものの、求めている知識は大人レベルであるということです。例えば「鳴き砂」は知っていても、その砂には石英が多く含まれていることまで知っている子供はまずいないであろうし、「カットラス」なる単語は小学生には馴染みが深いとも思えない。タイトルも、「棺」と書いて「ジョリー・ロジャー」と読ませる。

 とはいえ、理屈っぽくみても、気楽にみても楽しめるのが、このシリーズのいいところ。

|

« ハンニバルライジング(下) | トップページ | パラレルな世紀への跳躍 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

我が家ではなぜか妻がはまってるんですわ、このコナンに。(^^ゞ
TSUTAYAのDVD全部みてしまったらしいです。

投稿: Mizo | 2007.04.22 22:20

母性本能くすぐるのでしょうか・・まわりにコナンの映画に行きたいという女の方多いですよね・・しかしコナンの身長低すぎやしないか??

投稿: とんぼ | 2007.04.22 22:55

あいかわらずの遅レスで申し訳ありません。

コナンは、老若男女を問わず、またアクション好きも推理好きのどちらでも楽しめますね。少年マンガ(サンデー出身ながら、女性ファンが多いところも強みなんでしょう。魅力的な美形の男性キャラが複数現れるところも要因では。

投稿: 凡太郎 | 2007.04.30 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/14811800

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵コナン 紺碧のジョリー・ロジャー:

« ハンニバルライジング(下) | トップページ | パラレルな世紀への跳躍 »