« 2つの試合 K-1 | トップページ | タミヤからドラゴンのプロダクト? »

2007.07.01

人生、勝負は40歳から!

41xpgoy8i4l_aa240_1 人生、勝負は40歳から! 清水克彦 ソフトバンク新書 ¥735

人によっては10代、20代から人生をめぐる大勝負をしかけている方も巷には多くおられるわけで、そういった方にはあきれられてしまうような題名ではありますが、目覚めの遅いワタシにとってはちょうどよいタイトルであります。

著者の本業は文化放送勤務のプロデューサー。海外留学・勤務を含め、記者からアナウンサー、キャスターを経験され、今年、45歳。「本業は、」と書いた背景には、専門外のものを含め複数の著作をものにし、大学でも教鞭を執る「三足の草鞋」を履いておられることがある。専門外の著書というのは、取材経験をベースにしたとはいえ、マスコミにかかわりの無い「わが子を名門小学校に入れる法」、「わが子を有名中学に入れる法」の2冊があるとのこと。”名門”と”有名”を使い分けておられるところには、意味深長なものがあるのかも。

内容は、「○○歳からの云々」、「○○代にこれだけはやっておけ」とか「○○歳になったら読む本」とかいった年代別人生訓、処世術に類するもので、特段に目新しいものではありませんでした。でも、日頃の忙しさにかまけたり、「(安易に)こなしたり」、「(ムーディに)受け流したり」してしまい、そういった当たり前のことをないがしろにしている日常があるからこそ、こういった書を手に取る値打ちがあるのではないかと感じています。

当たり前でありながら心がけていなかったことで、この書で取り上げられている点には、たとえば次のようなものがありました。

  • 「姿勢がいいと自信ありげに見える」
  • 「ツイていると思うと本当にツキが回ってくる」
  • 「相手を好きになればきっとうまくいく」
  • 「断り上手になる」
  • 「靴や小物をあなどってはいけない」
  • 「四十代なりの戦いを見せよう」

 これらの小見出しだけで内容、本質が容易に窺い知れるものもあれば、一見しただけでは何がいいたいのかよくわからないものもあります。なんでもすぐにわかってしまうようなことを言っているだけじゃ、四十代としての値打ちも底深さも感じ取れないのかもしれませんね。

|

« 2つの試合 K-1 | トップページ | タミヤからドラゴンのプロダクト? »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

30代をあと数日残すのみの私にとって、とても魅惑的なタイトルに映ります。

投稿: Mizo | 2007.07.01 12:28

40歳になれば50なんてすぐに来る、なんていわれたりしますが、齢を重ねるにつれ歳月の経つ速度は加速しますね。平成19年も今日をもって折り返し点を過ぎたわけですし。

投稿: 凡太郎 | 2007.07.01 19:12

本日図書館で入手しました。

投稿: Mizo | 2007.07.04 13:01

新刊(?)に力を入れている図書館なんですね。
強いインパクトがある書きぶりではありませんが、肩の力を抜いて等身大の自分自身を見つめ返すように読んでいくと、考えさせられるフレーズにちょくちょく巡り合ったように思います。

投稿: 凡太郎 | 2007.07.04 23:41

本日「40歳から伸びる人、40歳で止まる人」(PHP文庫)を購入しました。
「40」本が連続しています。

投稿: Mizo | 2007.07.06 22:03

「40」本、書店でもよく見かけますよね。
そしてその次のステージになると、「第二の人生」をどう組み立てるかといった40代までの本とは全く異なった視点になってしまうようで。

投稿: 凡太郎 | 2007.07.08 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/15612551

この記事へのトラックバック一覧です: 人生、勝負は40歳から!:

» 姓名判断!改名・命名支援!◆お手ごろ価格で! [姓名判断!★改名・命名支援!]
★新姓名学大宝典は、古代中国から伝わる字源流(画数を使わない)による姓名学と平安時代の嵯峨天皇の時代から始まり江戸時代末期に体系化された画数を中心とする日本式の姓名学(林文嶺と永社鷹一の2人が最初に体系化)と西洋に伝わるアルファベット式の姓名学の3種類の技法を融合した画期的な姓名学ソフトウエアです。プロの方も実際、多数利用されています、このソフトで貴方の姓名判断を致します。★姓名判断は運命学の相(そう)の分野=目に見える相を占う分野です... [続きを読む]

受信: 2007.07.01 15:29

» 人生、勝負は40歳から! [3階息抜き部屋@朝風呂]
書いていることは一般的なことが多いです。ただこれ(40)を機会に、自分自身の棚卸し、身なりの点検、方向性の確認をやろうと、改めて思いました。 [続きを読む]

受信: 2007.07.06 22:04

» 姓名判断とは、中国で [姓名判断]
姓名判断とは、中国で三千年以上も昔から研究されてきた学問です。その人の名前が持つ... [続きを読む]

受信: 2007.07.18 14:07

« 2つの試合 K-1 | トップページ | タミヤからドラゴンのプロダクト? »