« HGUC 1/144 ガンキャノン 量産型 | トップページ | 夢をかなえる洗脳力 »

2007.07.08

新帝国主義論

51acc70rxbl_aa240_1 新帝国主義論 武者陵司 東洋経済 ¥1,995

 著者は大和證券、大和総研そしてドイツ証券㈱(副社長兼CIO("I"はインフォメーションではなくインベストメント))と舞台を変えながらも長年にわたりアナリストとして活躍されており、熱狂的な信奉者を抱えているらしい。

 著者自身が語るとおり、決して正統派としてのアカデミックな書ではない。が、そこには職業人生のほとんど全てを通じて市場と向き合ってきた者の持つリアリズムがある。

 副題に「この繁栄はいつまで続くか」とあり、またオビに日は、「米国経済大復活、日本株大下落」を予見した著者がいま唱える「黄金シナリオ」とは何か、とある。

 長期にわたって世界規模で続く不思議なこの好況をどう説明するのか。あらゆる経済学者が説明に窮するこの状況を真正面から受け止める。

 2002年、2003年辺りから、人類がこれまで経験したことの無い(比較しうるとすればモンゴル帝国ぐらいか、とも。)全く新しい帝国主義経済が成立しつつあることを説き、そのなかでの米国、中国・インド、EUそして日本の振る舞いを説明する。350ページ弱の厚さだが、その密度はとても濃い。多少なりとも経済学の素養が無いと、ボウッとしているとすぐに何が書いてあるのかわからなくなってしまうけれども難解というものではないので、とても刺激的な書となるでしょう。

|

« HGUC 1/144 ガンキャノン 量産型 | トップページ | 夢をかなえる洗脳力 »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/15697816

この記事へのトラックバック一覧です: 新帝国主義論:

« HGUC 1/144 ガンキャノン 量産型 | トップページ | 夢をかなえる洗脳力 »