« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007.10.30

予知夢

51va3fawe8l_aa240_1 予知夢 東野圭吾 文春文庫 ¥490

 「探偵ガリレオ」こと湯川学シリーズの第2弾。TV番組のクレジットを見る限り、原作には「容疑者Xの献身」は挙げられていないので、「探偵ガリレオ」と本書の2冊がベースとなっている模様。

ところが、第3話にして、この2巻目収録の話が早くも登場。「探偵ガリレオ」に収録されている短編に比して、トリックが自然科学よりも心理に求められているケースが多かったように感じる。最終話の「予知る」に至っては、最後にまんまオカルトっぽいひと言で余韻を残す。

「夢想る(ゆめみる)」、「霊視る(みえる)」「騒霊ぐ(さわぐ)」「絞殺る(しめる)」「予知る(しる)」

今夜のTVは「騒霊ぐ(さわぐ)」。丁寧に原作を追った作品だった。家族がHDDに取っておいてくれたモノを、先ほど、倍速で鑑賞。便利な時代ですね。甲本雅裕が共犯者を好演。この方、ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズの甲本ヒロトさんの実弟だそうですね。兄貴と同じく弟も模型好きなんだろうか。・・・結局、モケイネタにつなげてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

HGUC 1/144 百式

Hguc_msn00100_hyakushiki_01Hguc_msn00100_hyakushiki_02Hguc_msn00100_hyakushiki_03

  「百式」と聞けば、「新指偵」、「司令部偵察機」、「段無し風防のIII型」そして「ワレに追いつく敵機なし」といった一連の単語、名言を、あるいは「呑龍」を連想される向きが多かろうと思いますが、これはエゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉(実はシャア・アズナブル)が「機動戦士Zガンダム」の中でリック・ディアスの次に乗り込んだ機体です。番組後半では時代遅れのコンセプトに基づく非力なマシンといったポジションに甘んじながらも奮戦した黄金の機体でもあります。組み立ててわかったことですが、実にスマートなスタイルに大型のバインダーが迫力を生んでいます。ほぼ全身がキンキラキンにメッキされた模型ですが、メガバズーカを装備したタイプはメッキ無しとのこと。

それにしても、零式ではなく百式ということは、これは陸軍機なのか?ならば何故、揚陸艦に格納されているのか?謎は深まるばかりであった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この人はなぜ自分の話ばかりするのか 応用編

516f5dzktpl_aa240_1 この人はなぜ自分の話ばかりするのか 応用編 ジョーエレン・ディミトリアス ヴィレッジ・ブックス ¥735

ベストセラーの続編。正の方は未読なので、いきなり応用編となりました。タイトルと中味は大きく異なり、原題では「できるだけいい印象を与える」とされているとおり、自分自身に焦点が当てられています。

印象を決める4つの指針特性

  1. 信頼できる
  2. 思いやりがある
  3. 謙虚である
  4. 有能である

      で、「信頼できる」が最重要事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.27

今月号のモデルアート

7381 モデルアート2007年12月号(もう師走かよ!)、特集は「風景の作り方教えます AFVのジオラマを作ろう」。この特集に魅かれて購入。大満足です。表紙もいい雰囲気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の成果物

Dsc00594 このところ図書館で書籍を借りる機会が増えたことから、文庫本用のブックカバーが欲しくなっておりました。以前から、文庫本の布製や皮革製のブックカバーをつけている方々を、電車の中でときどき見かけることがありましたが、「大げさな」とか「相当な愛書家なのか」なんて軽い批判を持って眺めていました。ブックカバーの利用者は、男女問わずに感じますが、どちらかと言うと女性のほうが多いような。今朝も通勤途上の車中で、ブックカバーをかけた文庫本に見入る女性を見かけましたし。

で、思い至ったのが「あぁ、あの人たちの相当数は図書館利用者なんだ。」と。図書館で借りてきたハードカバーの小説を車中で食い入るように読んでいる中年男性は多いものの、むき出しの文庫本を読んでいる人はあまり見かけませんしね。

写真は、文庫本用とハードカバー用のブックカバーに、×2.5倍のヘッドセット型ルーペ。後者はようやくの購入です。これらが、本日の購入物となります。ただし、書籍、模型は除く、であります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

まぁ、こんなもんかのTOEICの結果に田村英里子を想う夕べ

Dsc00593_3 先月受験したTOEICの結果が返ってきました。まさに忘れた頃に返されたテストを受け取った学生の気分です。結果は、まさに「まぁ、こんなもんか。」といった700点。夏ごろにニンテンドーDSのTOEIC受験用ソフトを購入しi-Podも買い換えたのですが、悪いクセの「これで安心してしまうパターン」へ。受験日の1週間ほど前から焦り出して、電車の中でi-Podを聴いたものの緊張感、切迫感のないまま受験。これじゃ、職場の若い人たちに示しなんぞつきそうにありません。いや、まいった。次回の試験日まで、もうすでに1ヶ月を切ってしまいましたが、学習機能オンになるのか?

2年前の年明けから春ごろにかけて2ヶ月連続したことがあるのですが、それぞれ680点、715点でした。その後、今回の受験までに試験制度そのものが変更されており、巷間では難易度が上がった(より実践的になった)と言われているようです。気持ちと教材購入ばかり先行して、コツコツ努力を重ねていない受験ばかり繰り返してしまったわけですが、恐れ入ったのはTOEICの点数自体は大して変動していないこと。これがTOEICの精度、信頼性というものなのか。いやはや、おみそれいたしました。

さらに恐れ入ったのが、リスニングとリーディングごとに、データに基づいた助言が付されていること。子供たちが受けている模試でも同じような分析がなされているだけに、今日的には目新しいものではないのでしょうが、それでも新鮮に感じます。

ところで、アメリカで流行っているTVシリーズの「HIROES」が、ようやく日本ではシーズン1がケーブルやCSで放映されはじめたばかりですが、米国ではシーズン2に入っているとか。「ヤッター」の決めゼリフで、今やイチローより有名になったといわれるマシ・オカさんが話題ですが、シーズン2では元アイドルの田村英里子さんが、マシ・オカさんの恋人役で赤丸急上昇とのこと。すでに彼女はVIP扱いになっており、インタビューのアポも取りづらくなってきているとのこと。今日、日経のTV欄で見つけた記事です。(彼女自身の手になるブログもあり。)

日本を離れて苦節(?)数年、その間、英語でしゃべらナイトに出演され、苦労話を披瀝されたりしていたようですが、その放映自体少し前のこと。ハリウッド進出、なんて話題をネットかなんかでみたような気もおぼろげにするけれど、この記事を見て日本人として少し誇らしい気になった。まぁ、日本での商業上の展開を見据えたマーケティングの結果なのかもしれませんが、ここは素直に彼女の努力と成功に拍手を贈りたいところです。・・・ネットを検索していて気がついたのですが、そう言えば彼女は平成版の「ウルトラセブン」にウルトラ警備隊の隊員として出演していましたね。Images2

Images3で、ここは、「めざせ、田村英里子」ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

雷電登場 1/144

Raiden_02Raiden_01Raiden_03    ついに雷電が出ました。厚木でB公(B-29)の迎撃に体を張った機体ナンバーです。で、残り2枚は今週の成果一覧、といったところです。ついこの間、拡張したつもりの展示(?)スペースが、はやくも狭くも感じられてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HG 1/144 RGM79Q GM-QUEL

Hguc_rgm79q_gm_quel_03Hguc_rgm79q_gm_quel_02Hguc_rgm79q_gm_quel_01

  HI-ZACKとティターンズ仲間でのツーショット。どうやらこのモデルは動画には登場していないらしい。MSVとは時代が異なるものの、外伝のさらに外伝モデルといったポジションなのか。(註:劇場版映画には出ていたようです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.25

零戦21型 と 剣

Tsurugi_03_2Tsurugi_01Tsurugi_02

ようやく97艦攻の呪縛からの解放です。店頭で明らかに”重めの箱”と”軽めの箱”があったので、後者を選択。前者に99艦爆が入っていたやもしれませんが・・・。

そして緒戦の栄光の象徴である零戦21型との対極に位置する悲劇の航空機「剣」。パッと見は戦闘機然としていますが、桜花と同様に、もはや戦闘機という呼称を許されぬ純然たる「特攻機」。離陸と同時に主脚が落っこちるとは、合理性の追求にも程度ってもんがあるだろうに。

それにつけても、この”剣”、1/72でしかも、いい味のある塗装です。ちなみに零戦は1/144。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.24

あなたは何をやってもうまくいく!

21r5xphhn5l_aa140_1 あなたは何をやってもうまくいく! マーフィー”無限の力”研究会 知的生き方文庫 ¥560

・・・でも、食玩は3つ連続で97艦攻ばっかり出ましたけど、何か?

マーフィー自身の書ではありませんが、冗談や茶化し抜きでとても読みやすく構成されています。少し(とても)ヘコみ気味の向きには、とてもよく効きます。否定的な想い、感情を放逐してくれる効能があります。帰りの電車の中で一気に読んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また出た 97艦攻!

97_0697_0797_08

  昨日に引き続いてコンビニにて食玩。

で、97艦攻、また出ました。艦攻部隊を編成せよ!ってか。「トラ!トラ!トラ!」の淵田美津雄中佐に想いを馳せる。特攻兵器は試製回天十型。

しばらくコンビニ通いは続くのか?でも、あそこのローソンでこの食玩を購入しているのは、私だけなのかもしれない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.23

食玩 97艦攻 と 伏龍

97_0197_0297_0397_0497_05     栄光の2機と悲劇の一人。

航空機の方は1/144のF-toys"Wing Kit Collection" vol. WW II 日本海軍機編。他に雷電、零戦二一型、紫電改、九九艦爆、震電。

伏龍は特別攻撃機Collection。橘花、桜花、剣、震洋2種、回天3種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.21

夢をかなえるゾウ

51xt1z2blml_bo2204203200_pisitbdp50 夢をかなえるゾウ 水野敬也 飛鳥新社 ¥1,680

理屈ぬきに笑えます。楽しめます。面白いです。そして役に立ちます。

いつものごとく何の雑誌で読んだのか思い出せないのですが、著者の水野氏が、「どうやったら自己啓発本の内容を上手に伝達できるか」という工夫を目指すものの、なかなかアイデアが浮かばなかったので企画を寝かせる形になっていた旨のことを述べておられました。

イラストのとおり、前足が4本あるゾウの外見をした「ガネーシャ」なるインドの現世利益の神様が、さえないサラリーマンの下宿にいきなり登場。関西弁でまくし立てる。わけのわからない展開ながら、あっという間に異世界に引き込まれます。この「ガネーシャ」、少々、品が無くて便利な小物を取り出さない「ドラえもん」って感じでもあります。

<ガネーシャの教え> 記号等はワタクシの個人的な実行度。

  • 靴をみがく:△:ときどき簡易靴磨きスポンジで磨く程度
  • コンビニでお釣を募金する:○:1円玉限定ですが必ず募金しています。
  • 食事を腹八分におさえる:△:気が向けば。
  • 人が欲しがっているものを先取りする:△:心がけてはおりますが。
  • 会った人を笑わせる:・・・・・  ここで全部を明かすわけにはいきませんね。

 この本がどれだけ魅力的なのかは、Amazonの書評に書き込まれた内容とその数から容易に想像できましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今夜の「風林火山」

07102120292080710212029429  Gackt"景虎"と内田"勘助"が高野山でタイマン対決。その後は、仲良くマンダラに見入る。実際に裏づけを自分自身で調べたわけではないものの、ここまで史実を無視すると、むしろ山田風太郎の世界。サービスショットつき。0710072328281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜の夜のTV番組

Img1021_03s1 今夜、NHK教育テレビ午後10時からの「ETV特集」では、今夏、横浜で開催された世界SF大会にちなんでか「21世紀を夢見た日々・日本SF50年」が放映されます。小学生高学年から中学生時代にかけて日本のSFにのめりこみ、映画はゴジラ、ガメラ、TVはウルトラ、ライダー、アニメはアトムからヤマト、コミックは松本零士とメディアを問わず、SF的なものにどっぷりつかっていた身にはたまらない構成になっているよう。

ここで最近の日曜夜のTV番組の豪華さに改めて思いを致すこととなる。

20時台:大河ドラマ。「風林火山」はチラ見が多いけれど、欠かさず見る年もあり。子供の頃から、大河ドラマの放映開始前に原作を読み終えていないと落ち着かないタイプだった。

21時台:NHKスペシャル。今夜は「学徒兵許されざる帰還」。こういった特集が毎週見られるというだけでも、NHKの受信料は払う値打ちがあると感じる。もっとも、経営面では腹立たしい思いがつのりますが。

22時台:ETV特集 または プレミアA。ETV特集のテーマ次第ですが、普段は華やかなプレミアAを見ることが多いような。「ウルルン」、「ソロモン流」はチラ見。

23時台前半:情熱大陸。

23時台後半~:世界遺産 または NHKアーカイブス。この時間帯もテーマ次第。アーカイブスは昭和30、40年代の殊にモノクロものはたまりませんな。

01時台~:ドキュメント'07 または 映像'07。見たり見なかったりの時間帯ですが、見応え十分ですね。

・・・テレビ漬けですな。専らPCに小さなTV画面を開いて眺めているわけで、気に入った番組のみPCに録画することとなりますが、TSUTAYAで借りてきたDVDを(時には×1.4くらいで)一緒に観たり、仕事のまとめをしたり、もちろんネットを観たり、本を読んだり、アルコールを摂ったり、モケイをこさえたり・・・統合を失調していますね。

ともあれ、NスペとETV特集が楽しみな今宵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ日手帳2008 到着

P_ginghamblue_main1 ほぼ日手帳2008

糸井重里さん企画の「ほぼにち手帳」を使い出してから、早いものでこのモデルで4年目に突入。「ほぼ日」のサイトを覗きはじめたきっかけは、糸井さんが「成りあがり」以来の永ちゃんとの公私にわたる親友であることで関心を持っていたことと、直接的には永ちゃんとの対談がシリーズで掲載されていたこと。

1年目は赤、2年目はネイビー、3年目の今年はオレンジとグレー・ホワイトのストライプの2種のカバーを購入。そして来年はブルーのギンガムにした。迷彩にしようかとも迷ったけれど、明るい色のほうが良かろうと決めた次第。申し込んで1週間もせずに到着したように思います。今年も残すところ2ヶ月あまり。ついこないだまで35度なんて声を聞く暑さでしたし、新年を迎えたのもほんの2,3週間前のような気さえします。日記に気がつかされるまでもなく、一日一日の大切さと重みを感じていたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HGUC 1/144 HI-ZACK

Hizack_01Hizack_03Hizack_02

HGUC 1/144 HI-ZACK

ティターンズ塗装のオリジナルとも言えるハイザックです。ハイザクではなくハイザックと促音表記になっているのは単に発音しやすいからなのか、などとどうでもいいことを考えてしまったりする。とってつけたような装備に垢抜けない配色だが、独特のモノアイを有したこのデザインが劇中に登場すること自体に意味と意義があったんでしょう。視聴しているケーブルテレビでは、アニメ専用チャンネルで「ジパング」が今月に入って最終回を迎え、代わって「Zガンダム」が午前0:30からの枠で始まりました。全くの未見のシリーズなので、大人気なくもずいぶんとワクワクしながら毎夜楽しんでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.19

マーフィーの成功法則

51p3t4b4vzl_aa240_1 マーフィーの成功法則 謝世輝 知的生き方文庫 ¥520

18歳の夏、大学受験浪人だった。そのとき、偶然、梅田の紀伊国屋書店の書棚で巡り合ったのが謝先生が初めてものにされた自己啓発本だった。それからは受験勉強に全く迷いがなくなった。当時は、偶然、手に取ったつもりでいたけれど、実は運命づけられていたのだとはっきりと理解できる。

そんな謝先生が、マーフィー御大の意を汲んだ書が心に響かぬわけがない。実に読みやすく、スゥッと心に入ってくる感じです。

その謝先生も今では80歳近いようで、私にとってはまさに、光陰矢のごとし、といった感慨がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.18

日本絶賛語録

21aqfqfbogl_aa204_1 日本絶賛語録 村岡正明 小学館 ¥756

主に幕末から大正まであたりの「外国人からみた日本、日本人の美点」を、書物から抜書きしたもの。主観を排除するため、引用文の他には引用対象とした人物の紹介文のみが簡潔に記載してあります。

あえて多くは語りませんが、落涙モノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週プレ 石破防衛大臣プラモを語る

Dsc00558 若い頃、「週刊プレイボーイを買えなくなってしまったらオヤジってことやな。」なんて勝手に世代認識の自己基準を決めていた。購入したからこそ、こうして手許にあるのですが、30代後半にはスーツでKioskなんかでは買いづらくなっている自分を認識していたように思います。もっともシラフでは恥ずかしいというだけで、また、今回のように目的買いの場合は特にためらいもないのですが。今回はたまたま次女と行ったコンビニで購入したのですが、「お父さん、エロい本買(こ)うとうやん。」なんて言われてしまった。

で、本題ですが、大臣、やってくれました。「・・・作品を作るために『タミヤニュース』や『丸』など専門誌をいっぱい読み込みましたからね。・・・」なんて書いてありましたが、まさに私の小学校高学年の頃からの行動パターンそのまんまです。小泉内閣時代の防衛大臣(あのころは防衛庁長官か)の際、タミヤニュースの「模型ファンをたずねて」にも載っておられました。かつての模型少年にとっては、あのページに載ることはある意味で頂点を極めたスーパー・ステイタスですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼットン vs 恐竜戦車

Dsc00562Dsc00560  とことん意味不明な闘い、不可解な設定ですね。

そもそも恐竜戦車なんて、恐竜がなんで戦車にのっかっているのか?ウルトラセブンの恐竜戦車の回のストーリーも異世界に放り込まれたような展開でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EQ入門

41ma65nm4dl_aa240_1 EQ入門 高山直 日経文庫 ¥872

ミステリの女王に入門する訳ではありません。EQとはEmotional Inteligence Quuotientの略。荒っぽく誤解含みで言ってしまえば、感情に関する知能指数ってところでしょうか。IQが先天的な要素が強いのに反して、EQは後天的に高められるとのこと。

著者はEQに関する日本での第一人者だそうですが、そもそも日本という国の風土にはEQ的な素地があるとEQの提唱者が語っていたとの紹介もあり。直観的、感覚的に把握、反応、対応している感情に関して、感情の①識別、②利用、③理解、④調整の各ステップを経て、適切、冷静に自他の感情変化に対処するということらしい。・・・いかにも西洋的な分析、分解、分類・類型化した上での対処のアプローチですな。役に立たないわけではないけれど、日本人向きとは思いにくい。感情を感性から理性へ引き渡してしまう試み、とも感じた。実際はもっと奥深いのでしょうが、あくまで「入門」ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.16

ユーロファイター空自へ導入?

Dsc00556 先日のこのブログで「F22を出し惜しみする米国に秋波を送るなんてみっともないことはせず、空自はF35なんかやめてユーロファイターを採用すればエエんや。」みたいな暴言を載せてしまいましたが、ナ、ナント、先週13日発売のスケールアヴィエーション今月号に、「航空自衛隊次期主力戦闘機候補を作る」と題してユーロファイター・タイフーンの航空自衛隊仕様の作例記事が掲載されていました。レベル1/48を鈴木裕行さんがものされたものですが、掲載された写真はまさに実機と見まごうばかり。夕映え(朝焼?)するライトグレーの機体はまさに空自機。また、この塗装と日の丸が実に自然に、優美に感じられます。ホンマ、絵になります。エエモン、見せてもらえました。Dsc00557_2 「御国(みくに)の四方(よも)を守る」なんて軍艦マーチぽいコピーもフルってますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.14

HGUC 1/144 RICK DIAS クワトロ・バジーナ専用機

Hguc_rms099_rickdias_red_01_miniHguc_rms099_rickdias_red_02_miniHguc_rms099_rickdias_red_03_miniHguc_rms099_rickdias_red_04_mini    HGUC 1/144 RICK DIAS クワトロ・バジーナ専用機

今日、アスピア明石のフジヤさんで買ってきたばかりのものをZガンダム3部作の劇場用映画DVDの2巻目を鑑賞しながら製作。映画が終わっても完成せず、内容的にはミスマッチながら「風林火山」を観ながら継続作業。さらにウダウダしていたもんで、NHKスペシャルの「ライスショック」へ突入。この番組の内容が結構衝撃的であったことと、プレミアムモルツが効いてきたりもあって、製作ペースはめためたに。なんとか撮影まで辿りついたものの、たいした休日でございました。ところで、このリック・ディアスって愛称は、喜望峰に辿りついたサー・バーソロミュー・ディアスに由来するとか。折り返し点まで辿りついたとの想いの象徴なんだとか。何ごとにも「意味」があるものですね。なお、くわしくはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曽根天満宮 秋祭り

Dsc00547_mini 播州地方の秋祭は、姫路の灘のけんか祭りがその激しさで有名ですが、高砂の曽根天満宮の祭りも盛大さ、迫力では十分に堪能できます。盆や正月には帰省しない若者も祭りには戻ってくるし、平日に当たれば当然のことながら学校は休校。やっさと呼ばれる神輿が踏み切りを通過する際には、電車まで徐行してダイヤ調整している場面を見かけたことがあります。屋台も「どんだけ~」ちゅうくらい軒を並べていましたが、その分、ゴミもハンパな量ではありませんでした。

行ったのは宵宮に当たる昨日の土曜日。午前中は講義、午後は会議があったので、実際にお宮さんへ向かったのは午後8時過ぎ。その後、家内の実家で話し込んだこともあり、退散したのが午後11時過ぎ。さすがに道路も空いていましたが、その代わりに土曜の夜なので、車体の下が光っているちょっと変わったクルマが走っていたり、ブロロロとうるさいクルマがジグザグ運転していたりして鬱陶しくはありました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MG 1/100 MSM-07S ZGOK

Mg_msm07s_zgok_01_miniMg_msm7s_gok_02_mini  このところのお約束どおり、素組、無塗装(若干のペン塗りはしますが。)の超おきらくモード。あるいは子供モード?赤色(という「よりもサーモンピンク)のシャア専用モデル。完全武装の兵士然としたザクに比して、マジンガーZの機械獣風の方がズゴック。メジャーなモデルではないのでしょうが、これはこれで実に味がある造形です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.10.13

会社の品格

F0f746020ea08cf200f55110_aa240_l1 会社の品格 小笹芳央 幻冬舎文庫 ¥756

「国家の品格」以来、品格ブームですが、「企業の品格」という書がすでにあるからか今度は「会社の品格」です。

 株主から見た会社、会社から見た資産といった、視点の切り替えに伴う会社の二重構造に始まり、従業員に評価される会社の優位性を様々な視点から説明してくれます。著者はモチベーションエンジニアリングのコンサルタント会社の社長であり、新感覚の人事ィ労務コンサルタントから見た会社観の提示といった意味合いも感じます。現在の自己の労働観に疑問を抱いている方や上司または部下との立ち位置、距離感を図りかねている場合にも何らかのヒントが見つかるかもしれません。

  • 組織の品格
  • カリスマ社長に盲目的に追従している
  • 自社のヒット商品の成功体験にとらわれている
  • 上司の品格
  • 数字でしか、物事を判断できない
  • 指示や方針が首尾一貫していない
  • 仕事の品格
  • 自社の商品・製品を買いたいと思えない
  • 社内で培ったスキルが、社外で通用しない
  • 処遇の品格
  • いまだに給料が年功制
  • 金とポスト以外の報酬がない

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.10.12

人を動かす6つの法則 日経の夕刊より

Robert B Cialdini :アリゾナ州立大学教授(社会心理学) 「影響力の武器」(誠信書房)は日米両国でロングセラー。

  1. 返報制の原理:相手が何かをしてくれたら、返さないといけないという気持ち。
  2. 一貫性の原理:ひとたび決定を下すとそれを守ろうとする心理が働く。
  3. 社会的証明の原理:多くの人がやっていることに引きずられがちになる。
  4. 好意の原理:好意を持ってしまうと、その人の言うことをうのみにしやすい。
  5. 権威の原理:権威のある人に従ってしまう傾向。
  6. 希少性の原理:売り場に1つしかないテレビを買ってしまうケース。

  手練のセールスマンやカルトは、これら6つの法則を逆手にとって巧みに人のココロのスキマに忍び込む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

佐藤可士和の超整理術

418bc3uqlel_aa240_1 佐藤可士和の超整理術 佐藤可士和・著 日本経済新聞社 ¥1,575

気鋭のアートディレクターの手になる「整理」に関する書。オビは「仕事も頭もスカッと爽快 空間・情報・思考のもやもやを一刀両断!気鋭のアートディレクター、秘技初公開。」

Amazonの書評では評価が大きく分かれ毀誉褒貶といったところ。天才が秘技を公開し、その公開の仕方もわかりやすくするよう腐心した跡が感じ取れるものの、私を含めた読者がついていけていないだけなのかもしれない。

  • 空間の整理:整理するには、プライオリティをつけることが大切
  • 情報の整理:プライオリティをつけるためには、視点の導入が不可欠
  • 思考の整理:視点を導入するためには、まず思考の情報化を

読了して、とても意外だったのは美大出身の著者が、「言語化」を非常に重視していること。天才にとっては、抽象化を突き詰めるとイメージと言語化がシンクロするのだろうか。

         「答えは必ず、目の前にある!」

           とても意味深長で含蓄のある言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.09

拡散、統合そして再展開

別に哲学だとか、経営資源のことではありません。今日の帰り道、近ごろ、車種が随分と減った、車名が変わったなぁ、と感じた次第。

かつて販売チャネルの数に合わせるように車種を増やした時代があり、カローラにはスプリンター、セドリックにはグロリアといった兄弟車がいた。マークIIにはチェイサー、クレスタ、コルサにはターセル、カローラIIといった3兄弟までいた。マツダなどはトヨタ、日産の向こうを張って3チャネル制を打ち出してしまったから、さぁタイヘン。カタカナの車名では足りなくなってしまって、MS-6とかなんとかまるでZEONIC社製みたいなのまで続々投入した。

時は移りてバブルもあえなく崩壊。ローレルもセフィーロもマキシマも消えて、ティアナというモダンリビングが生まれた。ローレルスピリットなんかも生んだサニーもティーダになってしまった。セド/グロもフーガなる格調高いネーミングに。まさに統合の時代。兄弟車もノア&ヴォクシー、アリオン/プレミオ(これもカリーナとコロナの統合か)みたく威勢のいいのもいるけれど、セレナ&ランディやパッソ&ブーン、ラッシュ&ビーゴ、bB&COOなど、かつてとは意味合いがずいぶんと異なってきた。ソリオ&シボレーMWに至っては、かつてのジェミニ(まさに双子)も真っ青の日米両用戦略。

Middle_11826190411 こういった時代にあっても、やはりトヨタは上手いというか巧妙というか。クラウンと同じシャーシのマークXはまるで別のクルマに見える。実際、マークXはXボディと呼んで、シャーシが共通であることから眼をそらせる作戦。そして、ワイドボディ・カローラのオーリスは、ブレイドって名前で車格が二階級特進。ブレイドにはマスターなんて師範級まで出てきた。最近出たマークX ZIOは、マークXとはシャーシもボディも駆動系も全然違うけど、マークXを名乗る。エンジン周りなどフロントは、ブレイドに由来するらしいから、これも元をたどればカローラに辿りつくのか。思えば遠くへ来たもんだ。06brade_f1

こういった伸ばしたり縮めたりは、富士重工がレガシーを縮めてインプレッサ、ちょっと高くしてフォレスターってやり方でうまくやってたり、ホンダも、アコードを膨らませてオデッセイ、ロゴの身長をのばしてHR-Vを作ったり、フィットを伸ばしてエアウェイブを作るなどやりくりしていた。とうとうトヨタまで伸ばしたり、縮めたりを始めてしまった。ヴァンガードなんてまんまRAV4のストレッチやね。

空力を考慮した結果か、少しずつ違うけど、どれも同じように見えてしまうのが最近のクルマ。スポーツカーのスープラ、MR-S、スペシャルティのセリカ、シルビア、プレリュードがフェードアウトし、スポーツワゴンのカルディナ、和製ボルボのステージアまで消えてしまった。もはや、若者はクルマにワクワク感を求めなくなってしまったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.08

もひとつ今週のDVD 上海陸戦隊

51qz3nac3dl_aa240_1 上海陸戦隊

昭和12年の上海を舞台に1939年に製作された東宝作品。画面は暗いし、役者は動きもセリフも堅いし、アングルも平板。今で言うサイドカーも登場しますが、細~いタイヤで未舗装路を突っ走る。現代のきらびやかな上海とは全くの別世界での市街戦が展開されるわけであり、国策映画としての性格を強く帯びていることも否定できませんが、これはこれで一つの真実(事実かどうかはともかく)を後世に伝えている存在であろうと感じます。

なお、当時のマドンナ原節子も出演しており、記録映画ではありません。もちろん、モノクロです。不穏当な表現も多々現れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探偵ガリレオ

51x02vj02nl_aa240_1 探偵ガリレオ 東野圭吾 文春文庫 ¥540

書店で平積みされていたので気になっていた。福山のSUZUKI Talking FMで、久しぶりのドラマ出演にさらっと触れられていて気になっていた。で、ようやく手に取った次第。

フジテレビ系月9で10月15日からスタートとのこと。福山雅治柴咲コウが主演。続編は「予知夢」と直木賞受賞作の「容疑者Xの献身」。これらは未読。

佐野史郎自身の「あとがき」によると、東野圭吾は佐野氏を念頭にイメージしながら、本作の主人公を組み立てたとのことだが、佐野氏とは随分とイメージの異なる設定でTVドラマは始まるようで。

Amazonでの紹介文

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

・・・一気に読めます。というよりも、途中でやめられなくなりますのでご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

またまた今週のDVD 機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

517fp46na4l_aa240_1 機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

85年から86年にかけて放映されたTVシリーズを3篇の映画に「New Translation」したものの第1編目。Zガンダムは初見ですが、手に汗握って鑑賞しました。過日、大学時代の同級生が、この映画の封切を心待ちにしている、と聞いて「立派な会社を経営している立場の人間が、何て子供じみた・・・。」なんて印象を持ったのですが、不明なのは私の方でした。何ごとも体験せずして結論を出すことほど危険なものはありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラガール on TV

51kzwdl6hul_aa240_1 フラガール

昨夜、地上波の土曜プレミアムで「フラガール」を観た。最近になく、最初から最後までテレビの前から動かず見終えることとなった。最初は、劇場で、と思い、終演されると、DVDでなんて思いながらも見損ね続けてしまった。シネカノン神戸に「パプリカ」を観にいった際に見た大きな番宣パネルが印象に残っていた。

予想通りというか、松雪泰子、カッコよかった。女性の本当のカッコよさとはどういうものか、をバーンと見せつけてくれたように感じる。このモデルとなった平山まどかさんは、70歳を超えた今も常磐ハワイアンセンターで後進の指導に当たっておられるとか。涙腺も緩むけど、頭が下がりっぱなしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HG 1/144 RGM79 パワードGM

Hg_rgm79_powered_gm_03_miniHg_rgm79_powered_gm_01_miniHg_rgm79_powered_gm_02_mini HG 1/144 RGM79 パワードGM

下の「スターダストメモリー 0083」に登場したパワードジムを組立て。いわゆるランドセルのバックパックをはじめ、随所を強化。マッチョなスタイルになっています。カラーリングも鮮やかなオレンジとのツートーン。先に作ったジムコマンドとのツーショット。大人気ないものをイージーに作るがゆえに、気負いもなく癒されるんですな。・・・やっぱり手を抜いている言い訳としか聞こえないかな。でも、そんなの関係ねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

丸 11月号

M07111 丸 11月号

久しぶりに「丸」を購入。小学校の4年生くらいから購読を続け、高校生までは毎月欠かさず読んでいたように思う。その後、断続を繰り返しながらもここ十数年は再び継続購読してきた。1年ほど前に途切れてしまったものの、立ち読みするなど常に気になる存在。

今月号は、新造DDH「ひゅうが」のニュース記事と特集の「高速魚雷艇」に魅かれて購入。

この「ひゅうが」は護衛艦初の旧国名にちなんで命名された艦となる。旧軍の命名ルールに則れば、戦艦扱いである。「ひゅうが」と入れ替わりに退役するDDHの「はるな」、「ひえい」やイージス艦の「こんごう」などは、”山”にちなんで命名された。ただ、重巡というよりも旧軍の巡洋戦艦から戦艦に昇格した金剛級を連想させる。小学4、5年生の時の夏休みの自由研究のテーマとして取り上げた「自衛隊」で、最新鋭護衛艦であることを知ったのが「はるな」、「ひえい」。また、空自のFST2改(のちのF-1)は想像図しか手に入らなかった。そのF-1もすべて退役済み。・・・「ひゅうが」は旧軍で航空戦艦に改装されたことと関係するのか、DDHと謳いながら実態は全通甲板を持つ異形の護衛艦。どう見てもCVH(ヘリ空母)。「おおすみ」級も全通甲板だが、あちらは輸送用。「ひゅうが」では作戦のために離着艦が可能とのこと。郵政民営化や年金問題、給油問題で揺れる中、ひっそりと機動部隊への足がかりを掴んだか。仮想敵国がソ連から中国へ移る中、わが国の国防はどのように変容していくのだろうか。北海道専用の90式に代えて、本州以南に装備される一回り小さめの新型戦車もそろそろお披露目であろうし、次期FXがどうなるかも気がかり。F35なんて導入するくらいなら、いっそユーロファイターを選んでしまえばどうだろうか、なんて感じてしまう。

一方、高速魚雷艇。魚雷艇と言えば、西村艦隊の扶桑、山城が、さながらハチの大群に襲われた牛のごとく、なます切りにされた悲劇が、子供ごころに強烈な印象を残したことを思い出す。日露戦争での水雷艇の活躍がありながら、旧軍が魚雷艇開発に本腰を入れなかった背景が、雷撃機や甲標的に優位性を見出し、資源を集中したことにあると知り、多少は納得。でもやっぱり選択ミスやね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

鳥羽神社 秋祭り

Dsc00534_mini この時期、稲刈りに合わせて秋祭りが全国のいたるところで催されています。地元のお宮さんでもお祭りがあったのですが、境内の大きさ形状の関係か残念ながら屋台は出ていません。そこで少し足を伸ばして(実際には自転車を連ねて)、次女と明石市内の鳥羽神社へ。引き押し型の神輿(山車)が2台。大きさこそ小ぶりなものの迫力がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のDVD 機動戦士ガンダム スターダストメモリー0083 VOL.1

51f6fn7wxrl_aa240_1 機動戦士ガンダム スターダストメモリー0083 VOL.1

 詳しい解説、評論はAMAZONへのLINKで確認していただくとして、MS08小隊よりは随分とハードな設定、展開のようです。メカキャラ的にも随分と充実していて楽しめそう。戦争、政治ドラマと見た場合、個人的な解釈を含めた現実の歴史を踏まえたリアル路線のよう。いまや、現代の若者はこういったアニメドラマで歴史観を養っているのかもしれないと感じる。もっともこのアニメを見た中心層は、若者と呼ぶにはひと世代前であろうし、「歴史観を身につけよう」と構えてアニメを拝む人は今も昔もそうはいまい。戦争の悲惨さと平和の尊さ、そしてそれを守る困難さ、民族の自決と自立の意義深さなどを地に足をつけた理解と自己咀嚼ができるのならば、アニメであれ、ゲームであれ、素材にこだわるべきではないのかもしれない。無知、無関心や、表面的、一面的な理解こそが恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監査難民

41zet8bj35l_aa240_1 監査難民 種村大基 講談社 ¥1,680

いま、監査法人勤務の公認会計士の間で静かなベストセラーとなっています。著者は共同通信社の経済部記者。

オビには大きな活字で「上場企業800社に”突然死”の危機!」とあり、「絶対に自主清算すべきじゃない!クライアントに対してどう責任をとるんだ。自分たちの手で潰すのか!」、「ウチはもう潰れているんだ。潰れるか潰れないかの議論をじているんじゃない。社員やスタッフ、その家族を合わせて一万人以上の関係者を路頭に迷わせないようにする方策を探っているんだよ!」とも。

カバー表紙ウラ: 2007年7月、日本監査界の巨人が姿を消した。みすず監査法人-かつて中央青山監査法人として、四大監査法人の一角を占めてきた名門である。カネボウ粉飾決算事件で所属会計士が逮捕され、監査への「疑いの眼」を生じさせた”張本人”が自主解散へ追い込まれる過程には、外資の戦略、獅子身中の虫による内乱、金融庁との壮絶な攻防など、凄まじい闘いが存在した。名門監査法人はなぜ、自ら組織を解体せざるを得なかったのか。その死が開いた”パンドラの箱”には何が入っているのか。JALに代表される”厳しい監査”は今後、企業にどのような影響を与えていくのか-。

自ら目を通された方がよかろうと感じ、ここでは中途半端に内容に触れることは避けることとします。いまのところ、日経をはじめ一般紙誌の書評には上っていませんが、多くの週を経ずして上ってくることは間違いないと思います。著者の勤務先を踏まえると地方紙の方が取り上げるのは早くなるかも知れませんが、掘り込み方の深みには脱帽ものです。金曜日、深夜となりましたが一気に読了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挑戦 日本郵政が目指すもの

挑戦 日本郵政が目指すもの 西川善文 幻冬舎文庫 ¥756

オビには、「社員24万人 店舗数2万4000 貯金残高180兆円 超巨大ビジネスの全貌がついに明らかに!」とありますが、西川さんの名前を全面に押し出した最近はやりの有料宣伝ですな。安倍前首相も首相になりそこねた麻生さんも新書をものにされましたし。

三井住友銀行の頭取から電撃的に日本郵政の初代社長への転身(転進?)。驚かなかった向きは皆無でしょう。本書二部構成になっており、第一部は西川社長の半生を語る自叙伝となっています。本意ではないが、社長の人となりを知ってもらうことが日本郵政にとって有意義であろうとの説得を受けてとの言い訳めいたことが冒頭に述べられているが、その意義はともかく面白く読めた。

民営化(と言っても単に株式会社化され、従事者の身分が公務員でなくなっただけで、株主はいまだ「国」なのですが。)されて間もない今週、早速、日通との提携を発表。本書の中でも、「民業圧迫などと批判するが、民営化された以上、何をやろうが自由だ。」なんて犬井ヒロシばりのフリーダム宣言。元大蔵省事務次官の小川地銀協会会長との地銀との住宅ローン提携話に係る空中戦では、(予想通りというか)スルガ銀行の抜け駆けで、西川新社長が互いの前職時代の雪辱を果たしたかに見えますが、今後、住宅金融支援機構(かつての住宅金融公庫)を、ゆうちょ銀行が競り落とすことにでもなった日には地銀は大合併を余儀なくされるでしょう。もっとも、その頃には道州制が敷かれ、各道州に1行の大地銀が残っているという形になっているのかもしれません。

さぁ、ため池の中のクジラ、何を食って生き残るか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ポケット電動74式 VS 夕映えのメトロン星人

Dsc00523 ものものしいタイトルですが、いずれも食玩です。この74式、ボタン電池でちゃんと進撃します。また、メトロン星人は夕焼けに映えるくすんだ色調。劇中、運河にすっくと立ち上がるシーンを彷彿とさせます。造形も塗装も一級品。わたしゃ、とてもここまでのものは作れそうにありません。まさに恐るべきチャイニーズお姉さん達のノウハウ向上度。でも、メトロン星人といえば、望むらくは鮮やかなオリジナル塗装バージョンが欲しかった。なお、キレイ版もちゃんと流通しているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

勝手に絶望する若者たち

勝手に絶望する若者たち 荒井千暁 幻冬舎文庫 ¥756

オビには「部下が辞めた本当の理由を知っていますか?」とあるとおり、40~50歳代の管理職をターゲットとして想定しているようです。ここでいう部下とは30歳代から20歳代後半を前提としています。

本書を手に取った理由は、30歳半ばから40歳くらいにかけて(この層を若者と言うにはずいぶんムリがありますが)の組織人が、うつ病をはじめしていわゆる「壊れている」現実に向き合っているように見受けたためです。読み進むうちに、昨年読んだ「こんな上司が部下を追い詰める」の著者である産業医であることに気づく。同書からの自己引用もあります。

良くも悪くも新書的な本でした。タイムリー、スピーディーに出版された一方、ネットを含む引用、編集が多く、著者独自の検証が少なく厚みは感じられませんでした。ただし、現役の産業医ゆえの生々しく切ないケース紹介には引き込まれましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

今週のDVD 機動戦士ガンダム第08MS小隊 ミラーズ・リポート

51zvzzsnybl_aa240_1 機動戦士ガンダム第08MS小隊 ミラーズ・リポート

ミラーという女性情報将校を狂言回しにして、OVA版を二本立て劇場用映画にダイジェストしたもの。1時間程度に編集するため、魅力的なエピソードの数々がカットされてしまっていた。コンテンツの有効利用と投資回収には避けられない措置であったのだろうが、作品としてはとても及第点とは言いがたい。長めの予告編のようなもの、と捉えるべきものなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール攻略戦

Dsc00521 シンガポール攻略戦 冨永謙吾/伊東駿一郎 秋田書店 ¥800

 副題は「マレー電撃戦」。かつて秋田書店から少年向けシリーズで出ていた「写真で見る太平洋戦争」の2巻目。これも明石市立西図書館で借りてきました。

 表紙はジャングルを進撃するチハ車。島田戦車隊のイメージでしょうか。陸軍のみならず、一式陸攻と九六陸攻がレパルス、プリンス・オブ・ウェールズを撃沈したマレー沖海戦も、チャーシルの例のコメントとともに紹介されていました。

 戦争の悲惨さはここで語るまでもなく心に刻まれるべきものであることは明白ですが、このような世界史に類を見ない独創的で果敢な一連の大規模作戦を展開することができたかつての日本に誇りを抱くことはけっして誤った発想とは思えないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23のマンガによる心理カウンセリング

215rj8n8gbl_aa140_1 23のマンガによる心理カウンセリング A.J.ツワルスキー(著) きたやまおさむ(訳) 講談社+α文庫 ¥819

 これも明石市立西図書館で借りてきたもの。題名に惹かれて手にしたものの、最後は迫り来る返却期限を強く意識しての追い込み読みとなってしまった。

 著者は、米国においてピーナッツなどのマンガを利用したカウンセリングを実践している精神科医。一方、訳者も精神科医。「あの素晴らしい愛をもう一度」の方ですね。

 職場で実施しているカウンセリングの役に立つかも、と考えていたのですが、結果的には自省のための書となってしまいました。

  • 「過剰な達成者」と「高度な達成者」
  • 過剰な達成者は、無価値だというつらい思いをやわらげるために、当然必死になって自分には価値があるという感情を得ようとする。そもそも感情に根拠がないのだから、何をしてみても、その屈辱感は取り除かれない。
  • 否定的な自己概念を克服すれば、過剰な達成者は高度な達成者になる。自己概念を肯定的に変えるゴールは、意欲満々の人間を浮浪者に変えることではなく、その人が今までと同じ高いレベルで、しかも肉体的、精神的な健康を損ねる危険もなく、ものごとを実行できるようになることだ。
  1. 自分には価値がない!?  自己否定にはしる心理
  2. 心はこんなに病んでいる   自己否定型人間の11の症状
  3. ほんとうの自分に気づく  自己イメージを修正する
  4. 日々のセルフケア 自己再生の原則
  5. いい精神状態で生きる  自己信頼を回復する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュラー博士の願いをかなえる一番いい方法

41ygzqz6vkl_aa240_1 シュラー博士の願いをかなえる一番いい方法 ロバート・シュラー 知的生き方文庫 ¥560

20代の頃に読んだシュラー博士、訳者の一人である桑名一央さんの著書、訳書に感銘を受けたことに懐かしさを感じ、明石市立西図書館で手に取った次第。ところが、インパクトが無いというわけではないのですが、題名ほどに迫ってくるものが感じられずにあっさり読了。アマゾンの書評によれば、事情はわからぬものの随分と削除された部分があるなどで、原書とはかけはなれたものになってしまっているとのこと。もっとも、読んで損した、などとは思っていませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.01

DVD 第08MS小隊 (4)

510brx8e0ql_aa240_1 DVD 第08MS小隊 (4)

 前半のもたつきはご愛嬌か。ノリス=グフ・カスタムの奮闘をはじめ見どころ満載。外伝の「ラストリゾート」も秀逸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »