« まぁ、こんなもんかのTOEICの結果に田村英里子を想う夕べ | トップページ | 今月号のモデルアート »

2007.10.27

今日の成果物

Dsc00594 このところ図書館で書籍を借りる機会が増えたことから、文庫本用のブックカバーが欲しくなっておりました。以前から、文庫本の布製や皮革製のブックカバーをつけている方々を、電車の中でときどき見かけることがありましたが、「大げさな」とか「相当な愛書家なのか」なんて軽い批判を持って眺めていました。ブックカバーの利用者は、男女問わずに感じますが、どちらかと言うと女性のほうが多いような。今朝も通勤途上の車中で、ブックカバーをかけた文庫本に見入る女性を見かけましたし。

で、思い至ったのが「あぁ、あの人たちの相当数は図書館利用者なんだ。」と。図書館で借りてきたハードカバーの小説を車中で食い入るように読んでいる中年男性は多いものの、むき出しの文庫本を読んでいる人はあまり見かけませんしね。

写真は、文庫本用とハードカバー用のブックカバーに、×2.5倍のヘッドセット型ルーペ。後者はようやくの購入です。これらが、本日の購入物となります。ただし、書籍、模型は除く、であります。

|

« まぁ、こんなもんかのTOEICの結果に田村英里子を想う夕べ | トップページ | 今月号のモデルアート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

コメント

私は本にいろんなものがまとわりついているのが煩わしく感じるので、「ブックカバーはしない」派です。
帯はおろか、昔は本に元々付いているカバーも捨てていました。(ブックオフに売れなくなるので、今はカバーは付けています)
借りた本を傷めないためにはブックカバーをした方がいいとはわかりつつ・・・・

投稿: Mizo | 2007.10.28 08:12

私もハードカバーを読むときは、カバー類を全て外してしまう派です。捨てはしませんが。ブックカバーを買ってきたのは、本を傷めぬようにするためでもありますが、筆頭の理由は、電車の中で他の乗客に何を読んでいるのかを知られたくないといった小市民的な気持ちに由来するものです。デザインも落ち着いたいいものが出回ってきていますしね。

投稿: 凡太郎 | 2007.10.28 10:17

私の場合、あまり「他の乗客に何を読んでいるのかを知られたくない」という感情が起きないのです。
「家を買いたくなったら」とか「高学歴ワーキングプア」といったタイトルを堂々と読んでいたりします。

投稿: Mizo | 2007.10.28 17:04

考えてみれば、「カバーで隠す」ってのは後ろめたさや恥ずかしさに起因しているのかもしれませんね。恥ずかしさ丸出しの雑誌や夕刊紙は、逆に堂々と読んでるのに矛盾しています。

投稿: 凡太郎 | 2007.10.28 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/16893741

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の成果物:

« まぁ、こんなもんかのTOEICの結果に田村英里子を想う夕べ | トップページ | 今月号のモデルアート »