« もひとつ今週のDVD 上海陸戦隊 | トップページ | 佐藤可士和の超整理術 »

2007.10.09

拡散、統合そして再展開

別に哲学だとか、経営資源のことではありません。今日の帰り道、近ごろ、車種が随分と減った、車名が変わったなぁ、と感じた次第。

かつて販売チャネルの数に合わせるように車種を増やした時代があり、カローラにはスプリンター、セドリックにはグロリアといった兄弟車がいた。マークIIにはチェイサー、クレスタ、コルサにはターセル、カローラIIといった3兄弟までいた。マツダなどはトヨタ、日産の向こうを張って3チャネル制を打ち出してしまったから、さぁタイヘン。カタカナの車名では足りなくなってしまって、MS-6とかなんとかまるでZEONIC社製みたいなのまで続々投入した。

時は移りてバブルもあえなく崩壊。ローレルもセフィーロもマキシマも消えて、ティアナというモダンリビングが生まれた。ローレルスピリットなんかも生んだサニーもティーダになってしまった。セド/グロもフーガなる格調高いネーミングに。まさに統合の時代。兄弟車もノア&ヴォクシー、アリオン/プレミオ(これもカリーナとコロナの統合か)みたく威勢のいいのもいるけれど、セレナ&ランディやパッソ&ブーン、ラッシュ&ビーゴ、bB&COOなど、かつてとは意味合いがずいぶんと異なってきた。ソリオ&シボレーMWに至っては、かつてのジェミニ(まさに双子)も真っ青の日米両用戦略。

Middle_11826190411 こういった時代にあっても、やはりトヨタは上手いというか巧妙というか。クラウンと同じシャーシのマークXはまるで別のクルマに見える。実際、マークXはXボディと呼んで、シャーシが共通であることから眼をそらせる作戦。そして、ワイドボディ・カローラのオーリスは、ブレイドって名前で車格が二階級特進。ブレイドにはマスターなんて師範級まで出てきた。最近出たマークX ZIOは、マークXとはシャーシもボディも駆動系も全然違うけど、マークXを名乗る。エンジン周りなどフロントは、ブレイドに由来するらしいから、これも元をたどればカローラに辿りつくのか。思えば遠くへ来たもんだ。06brade_f1

こういった伸ばしたり縮めたりは、富士重工がレガシーを縮めてインプレッサ、ちょっと高くしてフォレスターってやり方でうまくやってたり、ホンダも、アコードを膨らませてオデッセイ、ロゴの身長をのばしてHR-Vを作ったり、フィットを伸ばしてエアウェイブを作るなどやりくりしていた。とうとうトヨタまで伸ばしたり、縮めたりを始めてしまった。ヴァンガードなんてまんまRAV4のストレッチやね。

空力を考慮した結果か、少しずつ違うけど、どれも同じように見えてしまうのが最近のクルマ。スポーツカーのスープラ、MR-S、スペシャルティのセリカ、シルビア、プレリュードがフェードアウトし、スポーツワゴンのカルディナ、和製ボルボのステージアまで消えてしまった。もはや、若者はクルマにワクワク感を求めなくなってしまったのだろうか。

|

« もひとつ今週のDVD 上海陸戦隊 | トップページ | 佐藤可士和の超整理術 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/16715634

この記事へのトラックバック一覧です: 拡散、統合そして再展開:

» RX7 [RX7]
RX7 [続きを読む]

受信: 2007.10.10 13:34

« もひとつ今週のDVD 上海陸戦隊 | トップページ | 佐藤可士和の超整理術 »