« ヴォルヴィック フルーツキス レモン | トップページ | 君たちに明日はない »

2007.11.17

日本の論点 2008

514pr1nwcul_aa240_1 日本の論点 2008  文藝春秋編 ¥2,900

 毎年この時期の風物詩、お約束の書。120人の論客が(だいたい)見開き2ページに持論を展開。多くの論点で真逆のスタンスの二人が向かい合うのもフェアで好ましい。現在の進捗度、120人中30人。気が向いた人の箇所からつまみ食い。

Amazonでの紹介文より

いま憲法九条がなぜ問題か 内田 樹/西部 邁 格差社会は若者の夢を奪うか パックン/阿部真大 小泉改革はどうなったのか 竹中平蔵 企業防衛はいかにあるべきか 真山 仁/數土文夫 裁判員に公正な判断は可能か 嵐山光三郎 テロとの戦いで何ができるか 山内昌之 日本人にとって戦後とは何か 佐伯啓思/高橋哲哉 中国人とどうつき合うか 田島英一 従軍慰安婦問題は決着するか 秦 郁彦 原爆投下をどう考えるか 東郷和彦 アメリカはどこへ向かうのか 中西輝政/生井英考 ロシア人の論理とは何か 佐藤 優 次期米大統領のアジア政策は 吉原欽一 日本の宇宙戦略に何が必要か 青木節子 日米同盟は今後どうなるか マイケル・グリーン/クリストファー・プレブル 集団的自衛権を行使できるか 坂元一哉/豊下楢彦 日本外交に何が欠けているか 手嶋龍一 日本ができる国際貢献とは 佐藤正久/伊勢崎賢治 北朝鮮の外交戦略とは 重村智計 拉致と核のどちらが先か 姜 尚中/荒木和博 ODA縮小は正しいか 渡辺利夫 世界金融はどう動いているか 水野和夫 投資立国の道を歩むべきか 藤巻健史/内橋克人 中国経済は大丈夫か 水木 楊/丸川知雄 日本の景気はこの先どうなる 上野泰也/牧野潤一 投信ブームの落とし穴は 竹川美奈子 借入れ難民をどう救うか 石川和男 少子化が経済に与える影響は 木下晃伸 イノベーションを起こせるか 坂村 健/妹尾堅一郎 少子化対策に決定打はあるか 古川 康/吉田 徹 労働移民を受け入れるべきか 坂中英徳/藻谷浩介 マスメディアは公正か 田原総一朗 選挙で政党をどう選ぶか 高瀬淳一 日本の民主主義は健全か 長谷川三千子 二大政党化時代の対立軸とは 中川昭一/枝野幸男 官僚体制はいつ改まるのか 屋山太郎 公務員改革は成功するか 山本直治 地方の自立は可能か 片山善博/村上智彦 ふるさと納税を導入すべきか 小田切徳美/松沢成文 日本林業を復活させるには 田中淳夫 弁護士の使命とは何か 橋下 徹/前田裕司 検察の正義とは何か 田中森一/堀田 力 暴力団の銃犯罪は防げるか 溝口 敦 異常な犯罪はなぜ起きるか 作田 明 外国人犯罪をどう防ぐか 土本武司 ものづくり日本は大丈夫か 財部誠一/野村進 経営の透明性は高まるか 八田進二/徳谷昌勇 なぜベンチャーが育たないか 宋 文洲 非正規雇用の拡大は必然か 八代尚宏/森永卓郎 成果主義は機能しているか 城 繁幸 派遣労働のどこが問題か 奥野修司 大人の要件とは何か 中島義道/坂東眞理子 道徳教育は必要か 苅谷剛彦/櫻井よしこ 全入時代の大学の価値とは 吉村作治 いじめをどうやって防ぐか 義家弘介/尾木直樹 日本語能力をどう高めるか 若井田正文 学校への苦情がなぜ増えたか 小野田正利 児童虐待がなぜ頻発するのか 小林 登 男の子育てはどこまで可能か 田村哲樹 ペットブームをどう見るか 山田昌弘/富澤 勝 年金は保険料方式か税方式か 西沢和彦/盛山和夫 社会保険庁をどう改革するか 磯村元史 ・・・(この紹介文、尻切れトンボになってます。まだまだ論点、論客リストは続きます。)

|

« ヴォルヴィック フルーツキス レモン | トップページ | 君たちに明日はない »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

世の中に対する勉強不足を感じて、本日購入しました・・・・

投稿: Mizo | 2007.11.17 17:47

日頃、全く関心を寄せていない領域においてほんのちょっとの知識を身につけただけでも世の中の見方が変わった気になります。そんなきっかけ作りをしてくれる本ではないかと感じます。でも830ページもあるのでちょっと迫力ありますね。

投稿: 凡太郎 | 2007.11.18 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60334/17094978

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の論点 2008:

« ヴォルヴィック フルーツキス レモン | トップページ | 君たちに明日はない »